ユニクロで「買ってはいけない秋物・冬物」ワースト5

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第53回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

「秋冬のユニクロすごいよね!」――先日、アパレル業界の人たちとこんな話題になりました。確かに、アウター類やニット類などどれも形も素材も選りすぐりのものが多く、とくに10月にはトップデザイナー「クリストフルメール」とのコラボも行い、単なるファストファッションの範疇を超えた展開に多くのアパレル業界人が驚いたものです。「え? こんなのユニクロがつくっちゃったら、ほかのブランドは終わりじゃん!」といった悲痛な叫びが関係各者から聞こえてくるほど、その衝撃は大きかったのです。

 しかし、その半面、今年は「値上げ」を敢行した商品も多く、すべてがよかったというわけではありません。「秋冬のユニクロは気合いが入った商品が多かった」ことは、誰しもが認める事実ですが、なかには気合いが空回りしたアイテムも存在しています。今回は「なんでこんなのつくっちゃたの?」といった「残念アイテム」をご紹介。「買ってはいけないユニクロ 2015秋冬コレクション」をお届けします。

ワースト第5位

スウェットシャツ(カモフラージュ・長袖)2490円+税
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=994660

スウェットシャツ(カモフラージュ・長袖)

外国人モデルが着るとサマになっているが……

 これ、写真のモデルに騙されてはいけません。こういったカジュアルウェアは外人モデルが着るとサマにも見えますが、童顔で胴長短足が多い日本人、とくに私のような典型的な日本人体型が着用すると「大きい子供」に見えてしまいます。とくにスウェットのようなカジュアルなアイテムは子供っぽい印象に直結するのですが、そのうえに、「迷彩」というカジュアルな柄を使って、さらには「ややルーズなシルエット」というカジュアルな形と、三拍子揃ってしまっています。これは、誰がどう着ても子供っぽく見えるアイテムといっていいでしょう。大人っぽくサマに見せるのは至難のわざ。相当な手練れでないと難しいでしょう。ダークトーンで落ち着いた迷彩は控えめでシックな色使いにも思えるのですが、切り替えデザインがややゆるめのシルエットで相殺されてしまった印象です。

 スウェットを着るなら無地、シルエットが細い、切り替えなし……そういったどこかに「大人」の要素が入ったものを選ぶと合わせやすいでしょう。カジュアルづくしのスウェットを20代以上の男性が選ぶと、よほどうまく着こなさない限りは「大きい子供」になってしまうので注意が必要です。

ワースト第4位

プリントフリースフルジップジャケット(長袖)+E 2490円+税/1990円+税(値下げ商品の場合)
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=994663

プリントフリースフルジップジャケット(長袖)+E

フリースだとどうにも野暮ったいフェアアイル柄

 ユニクロ得意のフリースジャケット。もう何年展開しているのでしょう。「ユニクロ」を世界に広めた立役者でもあります。やや細身のシルエットながら圧倒的な防寒性の高さと着心地のよさ、そして手頃なプライスで市場を席巻。「ユニクロ=フリース」というより「フリース=ユニクロ」というイメージの人も多いのではないでしょうか。「フリースをつくると『ユニクロみたい』って言われて困る」と嘆くデザイナーを私は知っています(笑)。

 さてそんなユニクロの代表アイテムだけに毎年気合たっぷりに色や柄のバリエーションを揃えますが、無地ならまだしもなかにはこんなイケてないNG柄も含まれているので注意しましょう。

 フェアアイル柄のフリースジャケット。ニットならば細かい編み地で味わい深い表情を楽しめるフェアアイル柄なのですが、フリースで表現すると「浪人生」です。私も受験勉強をしていた学生時代、祖父に「暖かいからこれ着ろ」といってこんな感じのアウターをもらった記憶があります。浪人生にはピッタリですが、おしゃれに見えるか?といったら別問題。もう一年浪人しそうです。

 上のスウェットと同じですが、カジュアルなアイテムにカジュアルな柄は、おしゃれには見えにくいもの。このアイテムもフェアアイル柄だけならまだしも、なぜか色もふんだんに使ってしまったので、さあ大変。フェアアイルというより、「バグったファミコンの画面」です。あえて柄ものを選ぶ必要はありません。フリースなら無地で楽しみましょう。

ワースト第3位

ウォームイージーストレッチパンツ 1990円+税(期間限定価格商品)
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=994666

ウォームイージーストレッチパンツ

シルエットがイマイチなうえに落ち感も微妙

 モデルがはいていてもこれだけ「ずんぐり」しているので、一般日本人男性が着た場合、「おしゃれ」に見せるのはかなりハードルが高いでしょう。

 裏地がフリースになっていて防寒性抜群のパンツは、はいてみるとちょっとビックリするくらい暖かいです。ウエストはゴムが入ったイージータイプ、さらにベルトがついていて、グローブをつけたままでも片手で閉じられる便利なつくり。ストレスゼロで冬の足元を構築できますが、おしゃれの観点ではストレスフル。立体裁断にして形をキレイに見せることはできなかったのでしょうか。防寒性重視で裏にフリースを貼るからボリュームが出るのは理解できるのですが、足の形に合わせて立体的な構造にすればこの「ドカン」と太いシルエットも多少はごまかせたはず。

 今年のユニクロは、アウター類やニット類など「機能性と見た目の美しさ」を両立させているアイテムが多いぶん、もったいないアイテム。ちょっと手を加えればこの肉厚素材ももう少しサマに見せられたのに……。

ワースト第2位

ウールブレンドダッフルコート(チェック) 9990円+税(値下げ商品の場合)
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=994667

ウールブレンドダッフルコート(チェック)

抗いようのない「学生」感

 学生に見られがちな子供っぽい印象のダッフルコート。今年のユニクロのダッフルは形もキレイで素材も艶があり「大人っぽさ」をプラス。なかなかのできなのですが、チェック柄はいけません。柄が入った途端に子供っぽさが強調されてしまいます。このダッフルコート、無地だけでよかったんじゃないでしょうか? チェック柄をやるにしてもモノトーンのチェック柄を使ってみるとか、大人っぽく調整する必要があったように思います。伊勢丹のショッピングバッグのようなグリーンベースのチェック柄では、どう合わせても「学生さん」のイメージを払拭できません。

 今年はチェスターコートやシームレスダウンなど、過去にないほど完成度の高いユニクロの珠玉のアウターが揃うなか、これだけは「ちょっと古いセンスだなあ」と感じざるをえませんでした。「ダッフルコートだから定番のチェックだろ!」と思ったのかもしれませんが、’90年代の渋カジならともかく、現代のノームコアトレンドにおいてはなじみません。同じダッフルコート買うなら断然無地がオススメです。

ワースト第1位

スター・ウォーズフランネルシャツ(長袖)+E 1990円+税(値下げ商品の場合)

スター・ウォーズフランネルシャツ(長袖)+E

着られるのは12月18日、映画公開日だけか!?

 出たー! スターウォーズ公開を記念したアイテム! 多くのブランドがスターウォーズコラボを大量に乱発していますが、ユニクロも例にもれず。なかには「へー! スターウォーズモチーフをこんなふうにおしゃれにまとめちゃうんだ」と感心するようなアイテムもありますが、これ、チェックシャツにヨーダ入れただけじゃん!!

 そして商品説明欄が「遠い昔、はるか彼方の銀河系で…ジェダイの騎士が滅亡して久しい時代、反乱軍のリーダー、レイア姫と運命的に出会った…(以下略)」

 って、全部スターウォーズの説明じゃん!! 「チェックシャツのこなれた雰囲気に、ヨーダの顔をプラスすることで……」とか洋服の説明しないの!? なんもなし!? 商品ページのモデル着用例も掲載していないので「ネタアイテム」扱いなのでしょうか。

 赤チェックのカジュアルなシャツにアンニュイなヨーダの表情が光るアイテム。これを着ることができるのは、公開当日くらいでしょう。

 以上「買ってはいけないユニクロ 2015年秋冬コレクション」でした。ぜひショッピングのご参考に! 〈文/MB〉

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中