雑学

2019春夏「買ってはいけないユニクロ」。街中で絶対着てはいけない商品…

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第227回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

「買ってはいけないユニクロ」……がない!?


 緊急事態です。過去数年に渡って連載してきた好評企画「買ってはいけないユニクロ」。過去には1記事で、なんと600万PVを記録したこともあるこちらですが……最近ネタとなる「ワーストアイテム」がないのです。

 ここ数年でユニクロのクリエーションは比類なく高まりました。知人のブランドの担当者が泣き喚くほどです。カシミア、スーピマ、国産デニム、フレンチリネン、メリノウールなどなど数多くの高級素材がユニクロにより価格が下がり、我々庶民のものに。高級品として富裕層を相手にしていたブランド関係者たちは頭を抱えています。

 そして、1年前までは探せば「ハズレ」がすぐに見つかるユニクロでしたが、ここ最近では明確な「ハズレ」がなかなか見つからない。私はユニクロの太鼓持ちでは決してありませんが……これは敗北宣言も近いか……。

 いや! 全国津々浦々に待つ「買ってはいけないファン」のために! 私は「ワースト品」を搾り出します! というわけで今回はいつもより紹介点数が少なく、3点になるのですが、そういった事情からです。……ユニクロさん、ネタがなくなるからもう少し変な商品出してください(笑)。

▼誰が買ってるの!? 毎年恒例の小学生カーゴ

ロールアップスリークォーターカーゴ(カモフラージュ) 2990円(+税)

ロールアップスリークォーターカーゴ(カモフラージュ) 2990円(+税) これ、毎年似たような商品が出るけど本当に売れてるんだろうか……。ひざ下のクロップド丈って最も体型を汚く見せるものです。ショートパンツをはいた際の足の長さは、露出している肌の長さで判断されます。例えば、短パンをはいたときに普通の靴下を履いて合わせると、びっくりするくらい短足に見えます。短パンスタイルにおいて脚長に見せるポイントは「素肌の面積を広く持たせること」、この一点です。もちろん、元々脚長な人は気にしなくてもいいでしょうが、日本人の多くは体型難を抱えています。気をつけたほうが無難でしょう。

 短パンは膝ジャストか、膝上丈がおすすめです。そのほうが素肌部分の面積が長くなり、脚が長く見えるもの。クロップドのようなフルレングスでも、ショート丈でもない半端な長さが一番、野暮ったく見えるのです。

 その上、カモフラージュ柄でカーゴパンツという恐ろしいほどカジュアルな仕様。どんなに頑張っても「夏休みの小学生」にしかなりません。公式のコーディネートはTシャツにサンダルで完全に開き直ってます。リラックスウェアとして買うなら、わざわざこんなガサガサした素材を選ばないだろうし、街着としては野暮ったすぎる。誰が買うのかまったく理解できない、まさに「買ってはいけない」にふさわしいアイテムです。

次のページ 
街着で着るなよ! 絶対着るなよ!

1
2
●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事