雑学

“世界一気持ち悪い男ランキング1位”に輝いた男・地主恵亮「祖母が泣いていました」

「感動をありがとう!」なんて言葉はお約束すぎるが、世界で活躍する日本人を見ると励みになるのは否めない。まだまだ知られていないがユニークで驚異的な世界一の日本人を紹介する

“世界一気持ち悪い男”ランキング1位に輝いた男・地主恵亮氏


 イギリスのガーディアン紙で「世界一気持ち悪い男」第1位に選ばれた男がいる。地主恵亮氏にその経緯を聞いてみた。

“世界一気持ち悪い男”ランキング1位に輝いた男【地主恵亮氏】

地主恵亮氏

「デイリーポータルZ(ウェブサイト)で書いた『一人デート』という記事が発端です。本当は独りなのに、まるで彼女といるように写真を撮る、という内容です。日本では全然ウケなかったのですが、なぜか海外でバズって。それが英ガーディアン紙の記者の目に留まったようで、栄えある1位に選ばれました」

 世界一になったことで何か変化はあったのだろうか?

「祖母が泣いていました。でも、一連の活動が書籍化(『妄想彼女』)され、さらにドラマにもなったので大満足です」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1034075(彼女とバイクに二人乗りデートと見せかけて……真実の姿は!)

地主恵亮氏

彼女とバイクに二人乗りデートと見せかけて……

 世界一気持ち悪いという名誉のおかげで、仕事の幅が広がったと喜ぶ地主氏。今後の野望を聞かせてもらおう。

「妄想彼女では満足できなくなったので、本物の恋人が欲しいです。みんなが振り返るようないいオンナと付き合いたい。美人はいいですよ。絶対に飽きません。でも、いいオンナは間違いなく、成功者が好き。あいつらは社会的地位に弱いんです。今はどうやったらお金持ちや医者などのリア充に見えるか、真剣に研究を重ねているところです」

【インスタントリア充】
世界一気持ち悪い男として話題になった著者が、今度は楽してリア充になるべく、知恵をしぼったキテレツな一冊『インスタント リア充 人生に「いいね!」をつける21の方法』を上梓

― [世界一な日本人]を探してみた ―

インスタント リア充 人生に「いいね!」をつける21の方法

英ガーディアン紙認定「世界でもっとも気持ち悪い男」ランキング第1位に選ばれたボクの妄想サクセス・ストーリー。

妄想彼女

ひとりデートマスターとして名高い著者が、実在しない架空の彼女との、出会い、結婚、出産までを描いた妄想恋愛小説。




おすすめ記事