雑学

非リア充が「サードウェーブ男子」を1日体験。おしゃれな“丁寧な暮らし”に耐えられるのか!?

「イースト・トーキョー」の暮らしぶりとはどんなものなのか? ひとりデートマスターでライターの地主恵亮が一日体験。サードウェーブ男子の巣窟かもしれないイースト・トーキョーでポートランドの風を感じてみた。

非リア充も「丁寧に暮らす」ことはできるのか?


 永遠の憧れの対象であるリア充の一派、センス系の人々が東東京に集結している! という情報を得て、西東京の狛江から50分かけて、東東京に足を運んだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1071000

ブルーボトルコーヒー

土曜日に行った知り合いは、雨の中20分ほど並んだというが、5分くらいで買えた

 初めて降り立った清澄白河。ただ、駅周辺を歩いても、お洒落な建物は皆無だ。駅の周辺は住宅街やお寺だけ。だが、線香の香りに誘われて5分ほど歩くと、「ブルーボトルコーヒー」はあった。グーグルで「ブルーボトル」と検索するとサジェストで「意識高い」と出てくるあのカフェだ。店に近づくにつれ、駅周辺にはいなかった若者たちとすれ違い始める。本物のサードウェーブ男子だ。

 中に入るとコーヒーのいい香りが漂う。客の年齢層は意外と幅広い。レジの女性店員に「スタンダードなのってどれですか?」と聞くと、「スタンダードとかないです」と一蹴された。これがサードウェーブの洗礼か。「いやいや、一番売れているものは」と切り返せればよかったのだけれど、店の雰囲気に圧倒され、「そうですよね。じゃあこれ」とブレンドを指さした。店に入ってわずか2分。あっという間にマウントを取られた気分だ。

 コーヒーができると、「地主さん」と番号じゃなくて名前を呼ばれる。コーヒーはおいしかったと思うが、私の知る最も高級な喫茶店である「スタバくらいおいしい」と褒めたところで、次へ。

MOT東京都現代美術館

同じく清澄白河にあるMOT東京都現代美術館は、展示替えのため全館休館だった……

次のページ 
ホットチョコレートを買おうと並んでいたら…

1
2
3
インスタント リア充 人生に「いいね!」をつける21の方法

英ガーディアン紙認定「世界でもっとも気持ち悪い男」ランキング第1位に選ばれたボクの妄想サクセス・ストーリー。

妄想彼女

ひとりデートマスターとして名高い著者が、実在しない架空の彼女との、出会い、結婚、出産までを描いた妄想恋愛小説。




おすすめ記事