恋愛・結婚

ポケモンGOで「不仲になった」「愛を取り戻した」…恋人・夫婦の明暗別れる

 7月22日のリリース以来、国内で一大ブームを巻き起こしているポケモンGO。巷ではポケモンGOを利用したナンパに注意が呼びかけられたり、交通死亡事故が起きるなど、ポケモンGOに関連するニュースを見かけない日はないほどだ。

 だが、リリースから1か月以上が経過し、すでにこのゲームアプリに飽き始めている人も少なくない数で存在している。

 リリースされた当日にポケモンGOを始めた33歳の男性ユーザーからは「はじめて1週間で飽きた。レベルは6のまま。職場でいまだに続けてるのは理系出身のキモい独身の36歳の人だけ」とコメント。

 ほかにも、「同じことの繰り返しでつまらない。ていうかもともとポケモンなんて興味がなかったから飽きるのは時間の問題だった」(大手IT企業勤務・28歳・女性)と、堂々と自らがにわかポケモンユーザーであることを宣言する者も。

 1か月を経て、ユーザーによってポケモンGOとの関わり方がまったく異なるものになっていることは明らかだが、とりわけ明暗が分かれたのが夫婦やカップルでポケモンGOをしていたユーザーたち。話を聞くと、ポケモンGOのおかげで不仲になったケースもあれば、2人の愛を取り戻したケースもあるという。

 いったい、その差はどのようにして生まれたのか。ポケモンGOカップルたちのエピソードを紹介しよう。

ポケモンGOで不仲になったカップル


彼氏が話しかけてもぶっきらぼうな女性が増えている。ハマっていない人の中にはブームの沈静化を願ってる者が少なくない

「週末は彼女と食べ歩きするのが定番だったのですが、ポケモンGOを始めてからは食事中もスマホを手放さず、店を出てもずっとポケモンGO。話しかけてもぶっきらぼうな返事しかしなくなって、イライラがたまってます。しかも、スマホをずっと両手で持ってるので手を繋げなくなった」(30歳・男性・機械メーカー営業・中野区在住)

「いつも職場の人とポケモンGOをやっているらしく、最近は旦那の帰りが遅い。帰ってきてもずっとスマホをいじっていて、しまいにはパケット使用量の上限に達して追加料金を払うハメに。来月からはもうやらせない」(27歳・女性・IT営業・墨田区在住)

「外にいるとき、『まって、いまドードーいるから』と会話を中断してくるのがめっちゃムカつく。このあいだ大阪に旅行した時にもミナミの街でポケモンGO。ラブホの前でもポケモンGO。馬鹿でしょ」(24歳・女性・飲食・新宿区在住)

次のページ 
ポケモンGOで愛を取り戻したカップル

1
2




おすすめ記事