エンタメ

日本在住の韓国美女16名が水着姿で観客を魅了【ミスコリア日本代表選抜大会】

 韓国のナンバーワン美女を決める「ミスコリア本選大会」への出場権を与える日本代表選抜大会が5月31日、東京・中野ZERO大ホールにて開催され、日本在住の韓国美女ファイナリスト16名が美しい曲線美で観客を魅了した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1125251

ミスコリア日本代表選抜大会「ミスコリア」は1957年に韓国で第1回大会が開催されたのが始まりで、韓国全土で行われる地区代表選抜大会を勝ち抜いたミス達をソウルへ集結させ、国民の一大コンテストとして毎年大々的に行われている。近年では「海外にいる同胞も参加できるように」と、アメリカ合衆国や日本といったさまざまな国でも代表選抜大会が行われるようになり、日本では今年が2回目の開催となった。

 最終的に選抜された本選の上位ファイナリストからはモデル、タレント、歌手を輩出したり、ミス・ユニバース、ミス・インターナショナル、ミス・アースなどの国際大会へ韓国代表として出場したりするなど、韓国では国民やマスコミからの関心が高くゴールデンタイムにテレビ放映されるほど。年齢18歳~26歳の未婚女性が参加でき、韓国においては、ミス・ユニバースなどの国際大会よりもミスコリア本選大会のほうが人気があるため、「男の子が産まれたら大統領、女の子が産まれたらミスコリアにさせなさい」という言い伝えもあるという。

 当日の日本代表選抜大会では、ワンピース審査、水着審査、ドレス審査の順に行われ、幕間にはCIRCUS CRAZYやNAUGHTY BOYSといったK-POPの男性アーティスト、さらには韓国にゆかりのある歌手らが応援に駆けつけ、ライブパフォーマンスを披露した。ファイナリストの参加者16名はそれぞれ緊張した表情をにじませながらも、堂々としたウォーキングで観客を魅了した。

ミスコリア日本代表選抜大会

(写真左から)2016年 ミスコリア日本代表「善」「真」「美」受賞者

 今年は記念すべき「ミスコリア」60周年の節目で、会場にはK-POPアーティストたちの女性ファンや多くの韓国人が集まり、お祭りさながらの盛り上がりに。最後には、ファイナリスト16名の中から受賞者7名と、「ミスコリア本選大会」への出場権を得る真、善、美それぞれの受賞者が選ばれた。ここでは、受賞者7名のドレス姿とファイナリスト全員の水着姿を写真とともに紹介している。

 受賞結果は以下の通り。世界へ羽ばたく韓国美女が現れるのか楽しみだ。

・2016年 ミスコリア日本代表「真」受賞:Bae Kawa(No.14)
・2016年 ミスコリア日本代表「善」受賞:Pyo Jiwoo(No.2)
・2016年 ミスコリア日本代表「美」受賞:Ryu Nayoung(No.7)
・ミスベストドレッサー賞:Yun Riwi(No.9)
・ミスルネサンス賞:Yi Harie(No.1)
・ミスBIG J賞:Yang Hahye(No.4)
・ミススター賞:Lee Kirim(No.6)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1125230

<取材・文/北村篤裕 撮影/林紘輝>




おすすめ記事