雑学

東京駅から電車で60分、「都心からもっとも近い廃村」はこうして生まれた

 ある時から村に刻まれていた歴史が止まり、放置されたままになっている廃村。そのどこか中二病心をくすぐられる響きと、実際に足を踏み入れてわかる独特の佇まいは、マニアを生み出すほどの魅力を持っている。

 廃村と聞くと、人口が少ない地方にあるイメージだが、実は東京駅から1時間ほどの場所にも存在していたのをご存知だろうか。本記事はその「都心から一番近い廃村」の様子をレポートする。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1127743

駅から見える海上自衛隊の基地


 東京駅からJR横須賀線で約1時間。横須賀駅からほど近い田浦という場所にその廃村はある。駅周辺は山に囲まれ閑散としているが、少し歩くと昔ながらの商店街や海上自衛隊の学校があり、自然と人工物が混在した風景が広がっている。

海上自衛隊の学校

※Google Map 35.293186, 139.627353

 そして駅から盛福寺というお寺を目指し15分ほど歩くと、京急本線とJR横須賀線が交差するポイントが見えてくる。それが今回の目的地「田浦廃村」の目印だ。ちょうど踏切を超えたエリアからが廃村になるのだが、草も伸び放題で手入れされておらず、どこか異世界への入り口のような雰囲気を漂わせている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1127745

次のページ 
家電や衣服類はそのままに

1
2
3




おすすめ記事