ニュース

学童保育の非常勤職員、正職員と同じ仕事をしているのに年収は3分の1。格差に怒りの声

 ところが、ほとんどの学童保育施設ではその格差を感じにくい。学童指導員に限れば非正規が全職員の9割以上を占めるからだ。 「現場が非正規だけで100%の自治体もあります」(同)  都内某市に住む女性指導員は「私は時給計算だから、月十数万円しか稼げない。でも、みんながそうだから、最近まで昇給も有給休暇もないのが当然と思っていました」と語る。 「非正規に支給するのは手当ではなく報酬だから、手当に当たるボーナスの支給はできないとの解釈です。でも大阪府吹田市は、報酬の名目で実質的にボーナスを支払っているんです」(同)  つまり、任用者である自治体の「裁量」で手厚さが異なるのだ。 「学童指導員だけじゃなく、保育士の半分以上、学校給食の調理員の6割以上、図書館職員も7割近くが非正規。多くが正職員と同じ仕事なのに低い待遇を受けている。その労働環境を是正したいんです」 ― ブラック化する[非正規公務員] ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事