雑学

「学資保険は加入しなくてもいい」経済ジャーナリスト荻原博子氏

「子供が生まれたら学資保険に入ろう」と考えている人も多いだろう。だが経済ジャーナリストの荻原博子氏は「学資保険はいらない」と一刀両断する。

「学資保険」は加入しなくてもいい


学資保険

もはや“貯金”としては成立しない学資保険。無理に加入して家計を圧迫しても意味がない

「例えば月5900円払うと、18年間で払う総額は127万4400円。一方、もらえるお金は、小学校入学時に5万円、中学入学時に10万円、高校入学時に15万円、18歳に100万円で、合計130万円程度。確かに昔は予定利率が4%超の学資保険もありましたが、今はどの学資保険も予定利率は1%前後しかありません」

次のページ 
利率1%でも、得ではない

1
2
隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計

住宅ローンや保険の見直しから、着実なお金の増やし方、もしもへの備えまで、この一冊でもう安心。




おすすめ記事