スポーツ

「プロレスラーという夢をまだ追い続けている」全日本プロレス最年少三冠王者・宮原健斗【最強レスラー数珠つなぎ vol.2】

――スランプはありましたか。

宮原:全日本に上がる前は、もどかしさがいっぱいありました。フリーになったとき、試合数がすごく少なかったので、モチベーションを保つのが大変でしたね。プロレスラーは試合をしてナンボだなと、そのとき思いました。いくら練習をしても披露する場所がないと、なんのために練習をしているのか疑問に感じてきて、練習に対するモチベーションがなくなっていって。悪循環ですよね。

――どう乗り越えたのでしょうか。

宮原:敢えて考えずに練習に打ち込んでいたら、全日本から救いの手が伸びた感じです。だから全日本には恩義も感じているんですよ。けっこういい奴ですよね(笑)。

――プロレスラーになりたいと思ったのはいつ頃ですか。

宮原:小学校3年生くらいのときです。父親がプロレス好きで、その影響ですね。小学校の卒業文集にも、将来の夢はプロレスラーと書いていました。

――子供の頃、やっていたスポーツは?

宮原:中学時代は野球、高校時代は柔道です。大会で優勝したとかは、まったくないんですよ。プロレスラーになるための、体作りのためにやっていました。運動神経は普通でしたね。体も細くて、身長は少し大きいくらいで。

――高校卒業後、健介オフィスに入門されました。健介オフィスを選んだのはなぜですか。

宮原:全日本やNOAHと迷ったんですけど、フィーリングです。フィーリングとかタイミングを大事にしているので。高校在学中に受けて、一度落ちているんです。それでもう一回受けなきゃというのがあったんですよね。固い考えで、他に行くっていう選択肢が自分の中でなくなったんです。

――かなり厳しい団体だと聞きますが、トレーニングはいかがでしたか。スクワット千回やったとか。

宮原:それはプロレスの練習生として当たり前だと思いますよ。メジャーと呼ばれる団体だったら当然のことだと思います。周りは厳しいって言いますけど、僕はとくにそういう意識はなかったですね。

次のページ 
いまのトレーニングは?

1
2
3
4
■【カーベル presents 全日本プロレス in 両国国技館】 東京・両国国技館

【開催日】2016年11月27日(日)

【開場時間】13時30分

【開始時間】15時00分





おすすめ記事