スポーツ

小橋は予言していた!? 宮原と全日本の大躍進――小橋建太の青春おすそわけ#5【宮原健斗vol.1】

「小橋建太の青春おすそわけ」――“鉄人”と呼ばれた元プロレスラー・小橋建太が、現役レスラーをゲストに招いてトークを繰り広げる。悩めるレスラーたちに、小橋は果たしてどんな“青春”をおすそわけするのか?

 第2回のゲストは、全日本プロレス人気復活の立役者・宮原健斗。8月27日、両国国技館大会で石川修司を下して三冠ヘビー級王者に返り咲き、「最高ですか?」の決め台詞そのままに、最高っぷりを世間に見せつけた。今回は元三冠王者の小橋が、若きエースに王者の心得を伝授する。

小橋建太(以下、小橋):チャンピオン、おめでとう!

宮原健斗(以下、宮原):ありがとうございます! 光栄です。

小橋:両国大会、すごく良かったよ。自分ではどうだった?

宮原:まだまだだなと感じましたね。僕の理想とする一体感は生めなかったかなと。試合後のマイクにしても。去年よりお客さんの歓声は大きかったんですけど、まだまだですね。

小橋:俺は放送席にいたけど、耳栓するから歓声が聞こえないんだよ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1396139

宮原:会場の一体感は伝わってなかったんですね(笑)。結構すごかったですよ。

小橋:試合は素晴らしかったよ。三冠選手権にふさわしい試合だった。宮原がここまで実力をつけていることに驚いたな。一発、一発が重くなってきて、磨きがかかってる。石川修司君もすごく良くなってて、2人ともかなりレベルが上がってるなと思ったよ。

宮原:石川選手は、いまプロレス界を見渡しても、“最強”という言葉がぴったりの選手だなと思います。今年5月に(三冠ベルトを)取られて、両国で取り返して、いま1対1なので、まだ先は続きそうだなという感じはありますね。

小橋:宮原は、昔からいい素材だったんだよな。でも、どうも一本突き抜けられないなと思ってたんだけど、あるとき、体が一回りデカくなったんだよ。それで、「宮原いくんだろうな」と思ってたら、間もなくチャンピオンになった。

宮原:予言者みたいですね(笑)。まあ、僕としては変わらずやってましたけどね。特別、なにかをしたわけでもなく。積み重ねが、ちょっとずつ、ちょっとずつ、形になったんだと思います。

小橋:積み重ねが大事だよな。体はすぐにはデカくならないから。

宮原:まだまだです。いまもまだ、“最高”への途中ですから。ゴールではないですね。

小橋:まだ28だもんな。初めて会ったのは、練習生のときか。

宮原:実はデビューして2か月半で、小橋さんと6人タッグで当たってるんですよ。ノア対健介オフィスのメインで。

小橋:デビュー2か月半!?

宮原:確か、小橋さん&KENTAさん&伊藤(旭彦)さんと、(佐々木)健介さん&中嶋(勝彦)さん&自分でした。反対コーナーで「GRAND SWORD」(※小橋の入場曲)を聞いたときの、あの感動はいまでも覚えてます。場外で鉄柵を背に小橋さんのチョップを食らって、痛いんですけどね。嬉しいという気持ちもあって。

次のページ 
2か月半でメインイベントに上がったのは凄い

1
2
■「2017 旗揚げ記念シリーズ 【最終戦】 ~秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会~

【開催日】2017年10月21日(土)
【開場時間】16時00分
【開始時間】17時00分
【会場】神奈川・横浜文化体育館

■対談裏話も不定期配信! 小橋建太・FortuneKKメルマガ登録
本編では配信しきれなかった対談の話題や小橋建太・FortuneKKの最新情報がゲットできるメールマガジンに是非ご登録ください!

https://www.comty.biz/stm_regist2/?SMCD=0000025884




おすすめ記事