雑学

「イケメン」が強いのは最初だけ。長期的には「非イケメン」こそ有利【米大学の実験結果より】

 自己を限りなくイケメン寄りに最適化するテクニックは数多く存在するが、これらを生来のイケメンが駆使した場合、到底勝ち目がないのも厳然たる事実である。しかし、ただ一つだけ対抗する方法があると、エビデンス付きのライフハック情報を発信し、イケメンをめぐる科学的研究にも詳しいブロガー・Yu Suzuki氏は言う。

「月並みですが親切さをアピールすると有効であることがわかっています。ロチェスター大学が’16年、被験者の女性たちにさまざまなタイプの男性の魅力度を5点満点で採点してもらったところ、容姿が良い男性よりも親切な男性のポイントが上回ったのです」

ロチェスター大学の研究論文

「親切度は容姿に勝る」という実験結果を記したロチェスター大学の研究論文

 それならば、なおさら性格も顔も良いイケメンには太刀打ちできないということになるが……。そこでさらなる決定打が、「長期戦に持ち込むこと」だという。

「’14年にテキサス大学の研究で、同校に通う女生徒に男子学生の魅力度を容姿、性格、頭の良さでランク付けさせたところ、最初は容姿と頭の良い男子に票が集中したものの、3か月後には点数差がほとんどなくなったのです」(Suzuki氏)

 学生たちが互いを深く知るほど、性格の良さが最重要しされ、容姿などの優位性が消えたのだ。さらにこの結論は、’15年に同大学が行った調査でも裏付けられている。

「167組のカップルにインタビューを行ったところ、付き合うまでの期間が短いカップルは互いの容姿レベルが近く、反対に長かったカップルは容姿が釣り合っていませんでした。つまりはブサメンでも時間をかければイケメンと渡り合うことができるのです」(同)

次のページ 
持久戦に持ち込めば逆転の可能性も高まる

1
2
一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

「食う・寝る・動く」だけで痩せていく。野生の体力を取り戻すパレオ(狩猟民族)ダイエット





おすすめ記事