スポーツ

“レッスルマニア13”の向こう側――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第254回(1997年編)

WWEオフィシャル・マガジン

“レッスルマニア13”のキーパーソンズはWWE世界王者サイコ・セッド、アンダーテイカー、ブレット・ハート、ショーン・マイケルズの4人。試合に出場しないショーンの顔写真が大会ポスターに大きく載っていた。(写真はWWEオフィシャル・マガジン表紙より)

 “レッスルマニア13”(1997年3月23日=イリノイ州シカゴ、ローズモント・ホライズン)はジ・アンダーテイカーのWWE世界王座奪取シーンでその幕を閉じた。

 メインイベントにラインナップされたサイコ・セッド対アンダーテイカーのWWE世界戦は、タイトルマッチそのものよりも“ヒットマン”ブレット・ハートと“HBK”ショーン・マイケルズがそこにいることがドラマの焦点になっていた。

 ヒザの故障を理由にWWE世界王座を返上したショーンは“レッスルマニア13”を欠場し、この日はPPV放映のゲスト・コメンテーターとしてリングサイドの実況ブーツに陣どった。ショーンはTVカメラに向かって“nWoウルフパック”のポーズをとってみせたが、レギュラー解説者のジェリー・ローラーはこれにはいっさい触れなかった。

 試合開始のゴング直前にブレットがリングサイドに現れ、ショーンに向かって「お前は腰ぬけのインチキ野郎」と毒づき、リング上のアンダーテイカーに対しては「こんな試合は認めない」とタイトルマッチに“異議申し立て”をした。マイクを手にリングに上がってきたブレットにセッドがパワーボムをお見舞いしたところで試合開始となった。

次のページ 
“レッスルマニア13”はもっとも注目度の低い祭典だった

1
2
3
ハッシュタグ




おすすめ記事