スポーツ

TAKAみちのくがWWE世界ライトヘビー級王者!――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第275回(1997年編)

TAKA

TAKAみちのくが新設WWE世界ライトヘビー級王者を獲得したのは、いまから20年まえの1997年12月。WWEはライトヘビー級構想のキーパーソンとしてTAKAをスカウトした(写真はWWEオフィシャル・パブリシティー・フォトより)

 TAKAみちのくが“新設”WWE世界ライトヘビー級王座を獲得したのはいまから20年まえのことだ。

 1997年の最後のPPV、12.7“イン・ユア・ハウス/D-ジェネレーションX”(マサチューセッツ州スプリングフィールド)のオープニング・マッチにラインナップされた“WWE世界ライトヘビー級王座決定トーナメント決勝戦”でTAKAがブライアン・クリストファーを下し初代チャンピオンの座に輝いた。

 第1試合というポジションにもかかわらず、試合終了後と同時にパット・パターソンWWE副社長、ジェリー・ブリスコ、トニー・ガレアら首脳陣とエージェントがリングに上がりTAKAを祝福。新しいスーパースター誕生のシーンがPPVで全米にオンエアされた。

 アメリカのメジャー団体での“世界王座”の奪取は、1978年(昭和53年)1月に藤波辰爾がニューヨーク・ニューヨークでカルロス・ホセ・エストラーダを破りWWWFジュニアヘビー級王座(当時)を獲得した“MSG伝説”に次ぐ快挙といっていい。

 この日、WWEは日本とアメリカのプレス・カメラマンと記者たちをドレッシングルームに招き入れ、英語と日本語の2カ国語でのインタビュー・シーンを収録。マスコミ、とくに日本の活字メディアに対してひじょうにオープンなスタンスを示した。

次のページ 
TAKAが初めてWWEのリングに登場したはこの年の7月

1
2
3
ハッシュタグ




おすすめ記事