スポーツ

運命の“サバイバー・シリーズ”――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第273回(1997年編)

レスリング・ウィズ・シャドウズ

プロレス史に残る謀略事件“モントリオール事件”の真相はこれだ。ブレットはビンスに「ベルトは返上して、WCWに移籍する」と伝え、ビンスも「それがベストの方法だ」と答えたが…(写真は映画『レスリング・ウィズ・シャドウズ』DVDジャケットより)

 “モントリオール事件”はビンス・マクマホンとブレット・ハートのふたりのあいだだけのパーソナルなできごとではない。プロレスを“提供する側”と“観る側”の関係がドラスティックに変わり、アメリカのプロレス史が大きなターニングポイントを迎えた、そんな1日だった。

 運命の“サバイバー・シリーズ”(1997年11月9日=カナダ・ケベック州モントリオール)は全7試合、総勢38選手が出場した“大作”。

 1987年の“感謝祭”の夜に第1回大会が開催された“サバイバー・シリーズ”は、第1試合からメインイベントまですべての試合がイリミネーション・マッチでおこなわれる“団体戦”のイベントとしてスタートした。

 この大会も4対4のイリミネーション・マッチ4試合をラインナップ。中堅どころからトップグループまでの計32選手が“選手名鑑”的な試合を展開した。トゥルース・コミッション(インテロゲーター&リーコン&スナイパー&ジャッカル)、DOA(ディサイプル・オブ・アポカリプス=クラッシュ&チェインズ&スカル&8ボール)、ヘッドバンガーズ(モッシュ&スラッシュ)、ガドウィンズ(ヘンリー&フィニアス)といったタッグチーム群はその後、何度かのモデルチェンジをくり返したあと、WWEのリングから消えていった。

次のページ 
アンダーテイカーの弟ケインは第4試合で登場

1
2
3
4




おすすめ記事