ニュース

「子供世代には国籍、障害、マイノリティに関わらない交流を」“激戦区”新宿・森口つかさ候補に密着【都議選直前ルポ】

 6月23日告示の東京都議会議員選挙(以下、東京都議選。7月2日投開票)。最大の焦点は、小池百合子知事率いる「都民ファーストの会」が、自民党に代わり第一党となるかどうか。が、今回のように政局の要素が強い選挙では、時として、候補者個々の資質や人となりを見ず、政党のみを見て投票する流れもできやすい。事前予想で優勢とされている「小池新党」の各候補者は、政治家としてどんなビジョンを持っているのか――4人の候補者に迫ってみる。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1350776

【短期集中ルポ「小池新党は都政を変えられるのか?」第3回/新宿区・森口つかさ候補】

小池知事と雨天のなか神社で街頭演説


 6月18日の16時頃、しとしとと雨の降るなか、東京・神楽坂の住宅街の間に鎮座する赤城神社の境内では、都民ファーストの会新宿区担当の森口つかさ(35)が、代表の小池百合子とともに選挙カーの上に立っていた。

「大震災の際に、“公助”に頼ることはできません。普段からあるこの地域の絆を生かし、そして、いざという時に“共助”を実現する。そのことが、最も大切であると考えております。町会、商店街、また消防団といった既存のつながりを生かした上で、新しい地域の絆をつくっていかなければいけない」

 30年以内に70パーセントの確率で起こるといわれている首都圏直下型地震を見すえた対策を、幼少期の阪神淡路大震災における自らの体験を踏まえながら話す森口に、聴衆は傘をさしながら耳を傾けていた。2回めの選挙戦となる森口は、演説には慣れている様子で、落ち着いて左右に目を配ってた。

 神社の境内に選挙カーとは、少し場違いな感じがしないでもなかったが、雨にも関わらず、演説がはじまる頃には70名ほどが集まり、その数は徐々に100名前後まで増えていった。小池人気のためだろう、一人で来ている30歳前後の女性の姿もあった。そして、小池にマイクが渡った。

「こんな住宅街のど真ん中に、神社がずっと営みを続け、みんなに守られている。この貴重な空間が、癒しとなり、そしてイザという被災などのときには、ここにみんなが集まることができる。本当に、昔ながらの知恵というのは、あちこちに隠れているんだ、改めてそう思った次第であります」

 小池が築地市場への豊洲への移転方針を固めたと報じられた直後であったが、この件についての言及はなく、かつて秘書を務め、二度めの都議選へ挑む森口の紹介や、高齢者社会に向けたバリアフリー化、東京五輪に向けた街づくりといったトピックが小池の演説の中心を占めた。後ろに控える50代とおぼしきSPの男性が、小池の上に大きな傘を広げていた。

 街頭演説は20分ほどで終わり、小池は森口とともに、選挙カーから降り、集まった有権者たちと握手をしながら、出口へ向かった。司会の男性がいう。「写真を撮っていただいても結構です。Facebook、Twitter、LINE、Instagram。そういったネットワークで輪を広げてください」

 小池が車に乗り、その場を去ったあと、赤い鳥居の前で森口は、有権者の話を聞いたり、握手や撮影に応じたりしていた。瞬く間に空っぽとなった境内では、5~6名ほどのレインコート姿のボランティアスタッフたちが、後片付けをしていた。

雪辱を胸に早朝からビラ配り


 6月13日の午前8時すぎに、筆者は都営新宿線・曙駅前で街頭活動に励む森口の元を訪ねていた。白いポロシャツに「都民ファーストの会」と書かれたタスキを掛けた森口はこの日、ボランティスタッフの男性と二人で、早朝の6時30分から街頭に立ち、早足で通勤する人々にチラシを配っていた。

 森口は2016年7月の東京都知事選と同時に行われた東京都議補選に出馬した過去を持つ。初めての挑戦で2万4664票を獲得したものの、自民党公認の元区議・大門幸恵(47)に破れた。本人は飄々としているが、雪辱を胸にしているのだろう。足を止める人もいない早朝の駅前で、地道な活動に精を出していた。

 1982年に兵庫県宝塚市で生まれた森口は、京都大学工学部を卒業後、大学院に進んだものの、時はベンチャーブームの残り香の残る2000年代中盤。大学院を中退して上京し、マーケティングを手がける企業で、仲間たちと上場を目指した。

 その後、縁があったことから、2008年に当時衆議院議員だった小池百合子の秘書となり、政治の世界に触れることとなる。間近で見た小池百合子は、森口の目にどう映ったのか。

「小池さんは、秘書として近くにいましたが、頭の回転が早いし、自分でなんでも出来る。組織を尊重しないという訳ではないですが、しがらみにはとらわれない。常に、国民や都民の方向を見て行動している姿勢には、組織論に捉われがちな男性にはない、小池さんならではの強みを感じましたね」

次のページ 
秘書時代に見た小池の素顔

1
2





おすすめ記事