デジタル

久々の『ソニック』2D横スクロール新作が登場! 昔取った杵柄が炸裂!?



雰囲気はそのままに、名作ステージをアレンジ!


 ゲーム内容は、過去作の人気ゾーン(ステージ)をリニューアルして新たな仕掛けを追加したステージと、新規のオリジナルステージという構成です。

「グリーンヒル」は、初代のあまりにも有名なゾーン1「グリーンヒルゾーン」をベースにしたステージ。広がる草原と真っ青な空、リングに沿って回るループコースターのような仕掛けが懐かしくも、後半のACT2の展開は大きく変わってきます。

「ケミカルプラント」は、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」からのステージ。入り組んだ化学工場を高速で進むのはオリジナル版と一緒ですが、演出はよりスピーディーで派手になり、薬品をゼリーに変えて弾むなど面白いギミックも登場しています。

⇒【画像】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1377712

クラシック2D横スクロールアクションシリーズとしては23年ぶりの新作

 背景は懐かしいのに、ステージ設計は新鮮。20年の時を経て届いたボーナス面のプレゼントといった印象で、当時のゲームに対するピュアな気持ちが蘇ってきてワクワクします。「ソニックシリーズが大好き」という海外スタッフが制作し、長年シリーズを統括してきた飯塚隆氏が監修したタイトルということで、セガの気合いも感じます。

 すべてのステージで、プレイヤーキャラとしてソニックのほかテイルスやナックルズも選択可能。また、ソニック&テイルスのコンビで2人協力プレイもできます。協力プレイ時のテイルスはお助けキャラ的ポジションでダメージを受けないので、初めてソニックを遊ぶという人とも気軽に協力プレイが楽しめます。

ソニック&テイルス

 久々にソニック熱が高まって、セガ愛もぶり返してきました。冒頭の話に戻りますが、海外ではちょくちょく復刻されているメガドライブ。セガさん、国内向けにミニメガドライブはいかがでしょう?

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ディファレンス エンジン

ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン
1
2





おすすめ記事