デジタル

過ぎ去ったあの夏は二度と戻らない……。ノスタルジーが胸打つ大人の“スマホ夏ゲー”

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報


卯月鮎

卯月鮎

 夏本番がやってきました! 最近は「公園でのボール遊び禁止」「裏山への立ち入り禁止」「危険な虫が多いので虫捕り禁止」……と子どもたちが思い切って外で遊べる環境ではないですが、私たちが小学生の頃は、友達の家に集まってファミコンをするかたわら、早朝カブトムシを捕りに行ったり、どぶ池でザリガニを釣ったり、金網を乗り越えて空き地へ侵入したり……と夏休みを満喫していました。

 でも、あの夏はもう二度と戻ってきません……。今回は、そんな夏の郷愁に浸れるノスタルジックな夏ゲー2本を紹介します。大人のプレイヤーこそ、過ぎ去った夏の日を思い出してグッとくるゲームたちです。

『脱出ゲーム あの夏の日から脱出』
iOS、Android/あそびごころ。/基本プレイ無料

あの夏の日から脱出

脱出ゲーム あの夏の日から脱出

 1本目は、『脱出ゲーム あの夏の日から脱出』です。脱出ゲームというと謎を解いて閉ざされた室内から抜け出す……といったイメージがありますが、このゲームは屋外が舞台になっていて開放感たっぷりです。

 全8ステージで構成され、クリアしていくうちに庭や駄菓子屋、路地の細い階段、公園などいろいろな場所に行けるようになります。目的は、噂になっている「おばけトンネル」の先を確かめること! トンネルはどこにつながっているのでしょうか? 子どもの頃、夏のバイパストンネルのヒンヤリとした空気が好きだったのをふと思い出しました。

 謎解きの難度はそれほど高くはなく、ヒント機能もしっかり用意されています。アサガオの咲き方がカギになっていたり、絵日記をよく見ると問題の意味がわかったり……と、ゲーム中の謎も夏らしさ満載です。そうめんを食べて、駄菓子屋でアイスを買って、昆虫を捕まえて友達と虫相撲をする! 夏の冒険のラストは、少し切ない余韻が残ります。

次のページ 
もう1本は、夏祭りで起きた奇跡を描いた良作

1
2




おすすめ記事