デジタル

釣ったら料理!生きるために釣る!? ちょっと異色な最新“釣りゲー”2選

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報


卯月鮎

卯月鮎

 現在人気のYouTube動画にはいろいろなジャンルがあります。「ゲーム実況」「商品紹介」「ドッキリ」「競馬」「すべて買ってみた系」……。そんななか、老若男女を問わず根強い人気があるのが「釣り&魚をさばく」動画だそうです。

 私も定番の「釣りよかでしょう」チャンネルや、魚を華麗にさばく「きまぐれクック」チャンネルをたまに見ますが、珍しい姿をした魚の数々に驚き、それらが美味しそうな塩焼きやキレイなお刺身に変わる様子は魔法のようで楽しいですね。

 もちろん、アプリゲームの世界でも釣りゲームはファンの多いジャンル。今回は、比較的最近リリースされた新鮮ピチピチの釣りゲーム2本を紹介します。

『僕の釣り物語』
iOS、Android/BTD STUDIO/基本プレイ無料

僕の釣り物語

 『僕の釣り物語』は、6月に配信が始まった釣りゲームです。カツオ、スズキ、イワシなど、魚のビジュアルはフル3Dで、釣り場も四万十川や東京湾、タヒチ島、アマゾン川と実在の地名ですが、それ以外の部分では、たとえば電撃で魚を弱らせて一気に引く技や、ホームタウンのお店の発展などゲーム的な要素が採り入れられていて、リアルとカジュアルのバランスがちょうどいいのが特徴。本格的な釣りファン以外も気軽に楽しめる作りになっています。

 ゲームの売りのひとつが、釣った魚を料理して売れる点。釣った魚は冷蔵庫に保存でき、寿司屋やビストロで料理となってお店に並びます。メバルとブリで「特選にぎり」、イワシ3匹で「オイルサーディン」、カジカを使った「香草揚げ焼き」……。単に釣るだけでなく、美味しそうな料理になるのが親近感湧きますね。

 1回の釣りにつきルアーを1個消費するので(時間経過で釣りショップのルアーの在庫が復活します)、連続で何十匹も釣ることはできませんが、空いた時間に毎日ちょっとずつ遊びたくなる釣りゲームです。

次のページ 
もう1本は、かわいい少女がイカダで漂流する異色釣りゲー

1
2




おすすめ記事