恋愛・結婚

女性たちがドン引きした「イケメンなのにモテない男たち」

 イケメンなのに、モテない男性がいる。「顔がいいだけいいじゃねぇか」といった叱咤が聞こえてきそうだが、彼らはイケメンであるがゆえにハードルが上がり、ダメなギャップで振られているのだ。彼らのダメなところはどこなのか。リアルにイケメンダメ男とデートした女性たちの実体験を聞いた。

 Kさん(33歳)はコンパで政治家の卵だと名乗る30代前半の男性と出会った。彼は高身長で細身、爽やかな雰囲気を感じるイケメンだ。コンパでは率先して話を振ってくれたり、ドリンクの有無に気付いてくれたりとマメで好印象。そして帰り道が一緒になり、その場で後日デートに誘われたそうだ。

「1回目のデートは平日の仕事終わりに横浜のベイサイドのレストランで食事をしました。会話も楽しかったし、私がお店の空調が寒かった時には店員さんに一言声かけをしてくれたり気遣いも◎。すごく誠実な人だと思いました。でも、お店を出て2人で駅に向かっていた時に、すれ違った男性2人組にいきなりキレてケンカを吹っ掛けたんです……。隣に私がいるのにですよ。『何こっち睨んでいるんだ!』とか言っていました。ドン引きです。相手の男性は意味がわからない感じで、最後にはケンカになっちゃって……。結果、警察のお世話になって、終電を逃しました。あの気遣いのできる感じは何だったんだよって感じです」

 どこに沸点があるかわからない男性はさすがにイケメンでも無理……。その彼の仕事が政治家の卵とは、最近の政治家の乱れを思い出し、卵もそうなのかとゾッとした。

 一方、草食より肉食がモテる時代でも、あまりにもグイグイくるイケメンも女性にとっては辛いそうだ。Aさん(28歳)がコンパで出会った男性は30代手前の経営者。高身長で細マッチョのスポーツマンタイプの彼は、クールながら男友達からの人気も高くて、第一印象でそのコンパでは1番人気だったとのこと。彼とはコンパ後にメールのやりとりを続けて、デートすることになったそうだ。

「彼が予約してくれていたのは、プライベートな雰囲気たっぷりのお忍びレストラン。私が鶏肉好きだと伝えていたので、地鶏のお店でした。コンパの時はあまり会話ができなかったんですが、2人になるとよく喋る人で、次はこんな店を出したいとか、向上心が高いところも魅力的でしたね。お店を出た時には、次も会いたい気持ちでいっぱいでした。

 でも、別れる間際に、『付き合ってほしい』と言われたんです。あまりに早い告白だったので、嬉しい気持ちがありながらも戸惑っていると、『ねぇ、いいでしょ。何回か会ってから付き合っても今から付き合うのも一緒でしょ』と言ってきました。デリカシーのなさに一瞬で引きました……。その場は『まだ1回会っただけだから』とたしなめるように別れたんですが、後日から毎日メールで『好きだよ』とか、『次会う時は彼女として会って』とか口説きメールが来るようになって…。あまりにしつこいから、『付き合いません』と返信しました。そこから2度とメールは来なくなりました。最初に見せたスマートさはなんだったんだよって感じです。あんなに女性にガツガツしてるのはちょっと……」

次のページ 
コンパ後にメールをエンドレスに送ってくる男性も…

1
2




おすすめ記事