雑学

1kg100円!激安業務用「ピンク石鹸」は家庭でも使えるのか実験してみた

プロ御用達アイテムの中には、一般に転用しても高い効果を発揮するものがある。そのコスパを検証し、独断で秀・優・良・可別で判定してみた!

家庭の汚れ全般に使用でき1kg100円というコスパ


ピンク石鹸 「ピンク石鹸」は工場などの機械部品についた油汚れの除去を目的とする製品だ。現場ではそのほか、手や布についた油汚れの洗浄にも使われており、コスパ・効果ともに最強と謳われているという。

 記者はまず、油がついた布をピンク石鹸と一般的な衣類用洗剤を使って洗い、その効果を比較してみた。

 2枚の布に、色のついた機械油を同じ量ずつ塗布。そして片方には一般的な衣類用液体洗剤を、もう片方には等量のピンク石鹸を塗布してよく揉んですすぎ、最後に乾かして油汚れの様子を観察した。すると、一般洗剤は部分的に油の残りが見られたが、ピンク石鹸のほうは全体的にほぼキレイになっていることがわかる。

ピンク石鹸

【Before】左が一般用、右がピンク石鹸。

ピンク石鹸

【after】当初は油が浮きにくかったが、乳化力が一般用とは桁違い

 続いて油汚れが非常に溜まりやすい、IHヒーターの排気口にも使用してみた。油汚れがビッシリと付着しているがボロ布に揉み込んだピンク石鹸で洗浄すると予想どおり油汚れがスルスルと落ち、最後に水で軽く流すとピカピカに。

 他にも汚れきったコンロ回りの壁やスイッチパネルなどはあっという間にキレイになった。洗面所や浴室、家族がよく手を触れる部分の壁紙の黒ずみなど、全般的な皮脂汚れに使えそうだ。

ピンク石鹸

【before】

ピンク石鹸

【after】粉末状でボロボロこぼれるため、ボロ布に揉み込み、排気口を拭くと瞬時に新品同様に

 そして値段はこれだけ多用途でありながら、なんと6kgで600円程度。一般的な家庭用洗剤はセールでも400gで300円前後であることを考えれば、重量あたりのコストは6分の1以下である。

 研磨剤を含むため軟らかい場所や傷がつきやすい場所には使えないが、コスパと用途の多さでは他の追随を許さないといえるだろう。

ピンク石鹸★コスパ度…秀

【ピンク石鹸 636円(税込み)/モノタロウ】
その名のとおりピンク色の粉石鹸。界面活性剤と研磨剤のみという成分組成で機能性を実現し、過度な装飾を排除することで低価格を実現した工業用品の真骨頂ともいえる

― 最強コスパの[業務用アイテム]を試してみた ―




おすすめ記事