ニュース

プラスチック海洋汚染に殺される生き物たち――世界ではレジ袋の使用禁止を決めた国も

 レジ袋やペットボトル、発泡スチロールなど、使い捨ての容器や包装用として広く使われている石油由来のプラスチックが海に流出、世界的な海洋汚染を引き起こしている。

世界的[プラスチック海洋汚染]の実態

© Troy Mayne(Oceanic Imagery Publications)

被害に遭う生き物たち


「プラスチックの直接的な被害に遭っているのは、海洋生物や鳥たちです」とグリーンピース・ジャパンの海洋生態系担当、小松原和恵氏は語る。

世界的[プラスチック海洋汚染]の実態

© The 5 Gyres Institute

世界的[プラスチック海洋汚染]の実態

© Chris Jordan(CC BY 2.0)

「プラスチックを食べてしまって内臓がつまり、死んでしまったクジラや鳥も発見されています。9割の海鳥がプラスチックを食べたことがある、または内臓に蓄積しているとする研究結果や、3匹に1匹のウミガメが海のプラスチックを食べたことがあるというクイーンズ大学の調査もあります」

次のページ 
プラスチック使用禁止を決めた国々

1
2
グリーンピース・ジャパン「プラスチック・フリーの」暮らしをつくろう!
http://plasticfreelife.jp/




おすすめ記事