お金

ピンチは器を試すチャンスさん――「お金0.0」ビットコイン盗まレーター日記<第8回>

——— —— そうか、この二人はこんなことを考えてたのか。ピンチは当人の器を試しにきたチャンスさん。 確かに今、僕はどっから見てもピンチだ。正直どうしようもない。方法も浮かばない。でも、この人たちの言うとおり、もがいている様子が本になったり漫画になったり映画になったり…いやいや、ならないでしょ。 いや、でも、なんだろうこの自信満々の人たちは。僕に見えてない未来が見えてるんだろか。僕の不幸で一儲けしたいんだろうか。そうはいきませんよ。どっちかというと僕はもう真面目に堅実に生きたいんです。だから面白がってないで、なんかお仕事を紹介してくd… 【着信:母】 僕「…はい」 母「何してるん?」 僕「い、家にいる」 母「それで?」 僕「それで?」 母「親友さんに、お金なくなったこと、ちゃんと言えたん?」 僕「まだ、いえてない」 母「はあ?(゚Д゚)なんで言わへんの?」 僕「…機会を…逃した」 母「アホか。逃すな。はよ言わなあかんやろ」 僕「……」 母「伯母ちゃんと弟にも言うで」 僕「え…それは…僕から言うよ…」 母「いつ言うんよ?」 僕「どうするか考えてる。まだ取引所から返事もきてないし」 母「でも、オカネもう返って来ぉへんねやろ?」 僕「…まだ…わからんよ…」 母「私と伯母ちゃんと弟は、今返さんでいい。でも、親友さんには、言ってすぐ返さなあかん」 僕「うん…」 母「はよ言いなさい」 僕「ハイ…」 母「じゃあの」 ガチャリンコ 電話正論だ。こんなに正論を言う母だったのか。AさんBさんの話はいつ形になるかわからないけど、お金が入るとしてもずっと先のはずだし、それはそれとして乗っかりつつ、オカンの言うとおり今の状況は親友に伝えておくべきだろう。気が重いなぁ…。ほんとに気が重い。LINEで送って、返事がなかったら今日はもう寝てあした考えよう。サッと送ろう。うん。そうしよう。 僕 「あの…、今晩のご予定はいかがでしょうか。お話したいことがあります」 ピコ-ン 食い気味に返事が来た… 親友 「わかりました。いつもの日本酒居酒屋にしましょう」 僕 「…お願いします」 次号へつづく
―[「お金0.0」]―
(いでの・たつや) 1994年、兵庫県生まれ。元かけだし俳優、高校卒業と同時に上京。文学座附属演劇研究所卒業後、エキストラ出演やアルバイト勤務を華麗にこなし、たまたま仮想通貨で得た大金を秒速で盗まれる。Twitterアカウント(@tatsuya_ideno
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事