恋愛・結婚

「好きになっちゃった」はセクハラ? 福田次官辞任から見るセクハラの境界線

 財務省の福田事務次官のセクハラ問題。テレビ朝日の女性記者へ「おっぱい触っていい?」「キスしていい?」などと発言したとして世間をざわつかせている。

セクハラ 福田氏の件が大きく扱われているが、これは氷山の一角に過ぎず、セクハラ問題はいつの時代にも身近に存在する。過去には、「女性社員にシュークリームを差し入れしただけでセクハラ扱いされた」という話もあるくらいだ。

 日々の報道や「#MeToo」での告発など、男性諸君にとっては決して他人事ではないセクハラ問題。一体何をしたらセクハラになるのか? もしも訴えられたらどうするべき? 自衛方法はないの? 実際に起こりうる問題だからこそ、このような知識は持っておいても損はないだろう。

 そこで今回、知らないと損する「セクハラ案件」をグラディアトル法律事務所の若林翔弁護士に伺った。

『好きになっちゃった!』はセクハラになる?


 酒の席など、何かと話題になる下ネタや猥談。場を盛り上げるために頼りがちな話題だが、猥談トークとセクハラの境界線は一体どこにあるのか?「言われた方が不快に感じたらセクハラ」という風潮があるが、実際はどうなのだろうか?

「セクハラとは何を指すのかという問題ですが、これについては明確な定義があるわけではありません。相手方の意に反する性的な言動がセクハラであると言えるでしょう。

 その意味で、言われた方が不快に感じたらセクハラというのはあながち間違っていないと言えます。したがって猥談トークとセクハラの境界というはっきりとしたものは存在しないでしょう。」(若林翔弁護士 以下、コメントは同)

 やはり、相手の捉え方次第でセクハラになりうるということだ。となると、福田氏の「おっぱい触っていい?」は誰もが不快に感じるためにセクハラになることは間違いない。ではこの発言、「好きになっちゃった!」程度だった場合はどうなのだろうか?

「『好きになっちゃった!』に関しては、そもそも相手方の意に反する性的な言動であるかについて疑問がありますし、仮に当たるとしても、人格権を侵害するものと裁判上評価される可能性は低いでしょう」

 福田氏の件からも分かるように、あまりにも直接的な発言は避けるべきのようだ。もちろん相手次第の問題でもあるので、一概には言えないが……。

自分より立場の低い相手を好きになったら?


 相手の捉え方次第でセクハラになりうるのであれば、隣の女性部下に対しておちおち変なことも言えない。

 そんな中、純粋に部下や後輩を好きになった場合、どのような態度で接するのが正解なのか? 我々は、思いを寄せる女性を口説くことすら許されないのか……?

「当たり前ですが、人を好きになることに違法性はありません。ただ、職場恋愛で自身より立場的に弱い人を好きになってしまった場合、通常の恋愛より一層配慮が必要になります。少なくとも、少しでもセクハラになるかなと思う発言は避けた方がいいでしょう」

 割とありがちな職場恋愛も、男性側からみるとリスクの高いものになっているようだ。

次のページ 
セクハラで訴えられたら?

1
2




おすすめ記事