雑学

ショップスタッフがやっている「一瞬でおしゃれになる3つのルール」

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第186回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

「同じような服を着ているのに……なんであの人はおしゃれに見えて、俺は地味に見えるのだろう」

 そんな疑問を持った人は多いはず。もちろん「イケメン」や「体型の美しさ」で差をつけられることはありますが、どう見てもそんなにイケメンじゃないのに、どう見てもそんなに脚長じゃないのに「おしゃれに見せることに長けた人」は一定数います。

 例えば、洋服屋さんなどショップスタッフの採用基準に「イケメンであること」「体型が綺麗であること」などはありません。10年間、アパレルで人事に関わってきた私が断言しますが、そんな基準で採用しているお店やブランドのほうが稀です。ほとんどのショップスタッフは特別秀でた体型や見た目を持っていないのに、同じようなTシャツにパンツを着用しているだけなのに、彼らを見て「おしゃれ」と感じるのはなぜか?

 今回は特に夏物に陥りがちな「地味な印象」を払拭するための3つのメソッドをお教えします。「Tシャツ・パンツ・靴」の3アイテムしかない夏シーズン、どうやったら「地味」にならずに「おしゃれ」になれるのか。ショップスタッフが実践している秘密をお教えします。

小物を使う


 まず非常に簡単な例ですが、小物を意識しましょう。ショップスタッフの多くは小物を使うことに長けています。それが印象を変化させてくれる、Tシャツパンツだけの服装を「地味で無難」ではなく「シンプルでかっこいい」に格上げしてくれると知っているからです。

ショップスタッフは誰しも知っている「一瞬でおしゃれになる方法」 ショップスタッフは誰しも知っている「一瞬でおしゃれになる方法」 例えばまったく同じTシャツとパンツと靴を使っても……こんなふうに小物が入るかどうかで印象は激変します。ここでは「キャップ・バッグ・ブレスレット」を加えてますが、夏場は特に「ブレスレット」は必須です。

ショップスタッフは誰しも知っている「一瞬でおしゃれになる方法」 腕回りが目立つようになる半袖において、両腕放置は厳禁。必ず時計とブレスをつけましょう。ブレスは最悪100円ショップのヘアゴムでも十分です。鏡の前で試してみてください。腕先は先端部分で視線が止まる箇所、ここが放置されていると本当に寂しく感じるものです。要注意ですよ。

次のページ 
脚が短く見えないタックイン

1
2
3

MB×SPA!ブリーフケース(2万5920円)
機能性と美しさを高い次元で両立させたMB×SPA!コラボレーションのビジネスバッグが数量限定で現在、発売中。ブリーフケースとして抜群の存在感を放つ一方で、持ち手のハンドルを畳むとクラッチバッグとしても利用でき、夏の着こなしでもフレキシブルに活躍しそうだ
MB×SPA!ブリーフケース(2万5920円)
●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
●なんと私MBがドン・キホーテともコラボ、2000円で買える極上服を作りました
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!




おすすめ記事