エンタメ

仲がよすぎる芸能人軍団。松本軍団、小栗会、ブス会…どんなメンバーが集まっているの?

 ダウンタウン・松本人志の55歳の誕生日会が9月8日に催され、その豪華すぎるメンツがSNS上で話題となった。

 陣内智則にフットボールアワー・後藤輝基、TKO・木下隆行、東京ダイナマイト・ハチミツ二郎といった数多くの芸人仲間が集い、松本を祝福。“松本軍団”とも言える彼らの仲睦まじい姿は、参加者たちのSNSなどに多数アップされており、テレビ外でも仲がいいことが伝わってくるだろう。


 “松本軍団”以外にも、ダチョウ倶楽部・上島竜兵率いる“竜兵会”や、今田耕司率いる“今田軍団”など、お笑い芸人らの集まりは数多く報告されているが、このようにプライベートでも仲のいいのはお笑い芸人だけではない。そこで、今回はそんな私生活でも親密な芸能人軍団を紹介していこう。

小栗会:人気俳優と女優が集結


 はじめに紹介するのは、実力派俳優の地位を確固たるものとしている小栗旬率いる“小栗会”だ。共演の多い山田孝之やムロツヨシをはじめとし、綾野剛、玉山鉄二、瑛太、三浦春馬、勝地涼、菅田将暉、山崎賢人など主演クラスの人気俳優が集結。歌舞伎界から中村七之助に中村勘九郎も参加しているとの噂だ。

 彼らの集まりは三軒茶屋や中目黒などで夜な夜な繰り広げられるそうだが、酒を酌み交わしながら熱く演技論が語られることが多いという。

 小栗は常々、芸能界につきまとう事務所と俳優のマネジメントについての問題提起をしており、将来的な目標として俳優の労働組合の結成を公言している。“小栗会”はその労働組合の前身と見る向きもあるようだ。

ブス会:メンバーのルックスが微妙(!?)という理由から命名


 続いて紹介するのは前田敦子、高畑充希、池松壮亮、柄本時生という4人の俳優からなる“ブス会”。メンバーのルックスが微妙という理由から名付けられたそうだ。

 “ブス会”というネーミングはさておき、AKB48全盛期でセンターを務めあげた前田、2016年度のNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』で主人公に抜擢されブレイクした高畑、若手のなかでも頭ひとつ抜けた感がある演技力で頭角を現している池松、柄本明の息子としてデビューしクセの強いルックスと演技でいい味を出している柄本と、この4人だけでドラマが1本できそうなほどである。

 交友のきっかけは、2010年に日本テレビ系で放送されたドラマ『Q10』の共演。ドラマ共演後、柄本が高畑に恋をしてしまい告白するも玉砕。だが高畑が友達として仲良くしてほしいと返答したことから、前田と池松のアシストも入り、4人の親密さが増したと言われている。

 2015年、フジテレビ系の人気トーク番組『ボクらの時代』では、“ブス会”のメンバー4人で出演を果たしている。余談だが、前田は今年7月に俳優の勝地涼と結婚しているが、“ブス会”の面々の好アシストがあったともっぱらの噂だ。


福岡会:地元“福岡”への愛から…


 地元愛から開かれる“福岡会”という集まりもある。そのメンツはお笑いビック3の一人であるタモリ、この会の発起人で俳優の陣内孝則、俳優の妻夫木聡に松重豊、女優の黒木瞳に吉田羊、アーティストからは井上陽水に藤井フミヤ、お笑い界からは博多華丸・大吉にパンクブーブー・黒瀬純。年齢、性別、業界問わず同郷福岡の豪華な面々が名を連ねている。

 開催ペースが速いときには、3か月に1度という短いスパンで東京にある博多の名店に集うとも言われており、豪華な集合写真がSNSにアップされるたびに注目を集めているのだ。


次のページ 
道産子会には各界の著名人がズラリ

1
2





おすすめ記事