雑学

海外のキャバクラで働く日本人女性たちの素顔

 海外勤務で活躍するのは、何も商社マンだけではない。夜の世界のお水なオンナたちも世界に羽ばたいているのだ。世界で活躍する夜の大和撫子たちに迫った。

日本人キャバ嬢がアジアを中心に大人気!


 海外生活も1週間を過ぎれば、現地の物珍しい食べ物より、味噌汁と白メシが恋しくなってくるもの。もちろん女遊びについても同様で、そんな現地駐在員の心理に対応すべく、世界に進出したのが「日本人キャバクラ」だ。働く女性は日本人留学生や、日本からの派遣などさまざま。最近では、駐在員だけでなく、地元民も遊びに来るほどの存在になっているという。

 実際に日本人キャバクラで勤務し、その体験を著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』に綴った、カワノアユミさんに話を聞いた。

カワノアユミさん

カワノアユミさん

「タイ、香港、ベトナム、カンボジア、シンガポールで働きました。’01年に付き合いのあったスカウトマンから、『香港でオープンするキャバクラで働かない?』と言われたのがきっかけです」

 ’01年は日本人のAV女優がマカオに出稼ぎして荒稼ぎを始めた頃である。日本人キャバクラのギャラも同様に高額だったという。

「その店は、セット料金がワンセット2000香港ドル(※約3万円)と高額。キャストは日本円で日給3万円をもらえました。当時は日本人女性というだけで価値が高く、一緒に行った小汚いヤンキーギャルでさえ、『君は一晩10万円の価値がある』って客に言われていたくらいです」

次のページ 
海外のキャバで働く日本人キャバ嬢の今

1
2
底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる

やる気ゼロ、貯金ゼロ、計画性ゼロ。ポンコツキャバ嬢による、タイ、香港、シンガポール、カンボジア、ベトナムの「日本人向けキャバクラ」潜入就職&アジア夜遊び放浪記。





おすすめ記事