エンタメ

LUNA SEA、X JAPANのSUGIZOがパレスチナでライブを敢行「20年来の夢だった」

音楽があらゆる“壁”を飛び越えた

 ナブルスという街での3回目のライブでは、地元のミュージシャンも共演。「すっかりSUGIZOファンになっちゃった!」という歌手の女の子は、いつか自分も世界に音楽を届けられるミュージシャンになりたいと夢を語った。
ナブルス

ナブルスの事業家、ムニーブ・マスリ氏の邸宅にて行ったライブ。敷地内にはローマ時代の遺跡も残されている

 最後に奏でた「The Voyage Home」という曲は、シリア難民キャンプを訪れたときに得たインスピレーションから生まれた曲だ。「はじめはシリアの戦火から逃れる人々を思って演奏していた曲だけど、今は『故郷』を追われた全ての人々に対する曲として成長してきた」とSUGIZOさんは話す。
ベツレヘム (Large)

ベツレヘムの分離壁には、さまざまなウォールペインティングが描かれている。有名なアーティスト、バンクシーの経営する「The Walled Off Hotel」の前にて

 切なくも優しいメロディーを聴く人々の中には、静かに涙を流す人もいた。SUGIZOさんの音楽は、国境や人種、宗教や年代といったあらゆる“壁”を飛び越え、人々の胸を震わした。「また何度も戻ってきてライブをやりたい」と、SUGIZOさんは地元の人々との再会を誓った。 取材・文・撮影/佐藤慧 写真/眞鍋孝太郎 ※「週刊SPA!」11/13発売号「SUGIZOが見たパレスチナ」より一部を転載
1
2
▼SUGIZO OFFICIAL WEBSITE
https://sugizo.com/top.html

▼SUGIZO - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
https://www.universal-music.co.jp/sugizo/

週刊SPA!11/20・27合併号(11/13発売)

表紙の人/ 広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事