エンタメ

真矢ミキ、22年ぶりのショートカットが話題に…宝塚出身の女優・タレントたち

檀れい:過酷な宝塚時代を経て、日本アカデミー賞を受賞したシンデレラ女優

 清楚さと色気の両方を兼ね備えた、演技派女優の檀れい。近年ではサントリーの『金麦』のCMで心を撃ち抜かれた男性も多いのではないだろうか。その美貌とたぐいまれな演技力で、数々の映画賞を受賞してきた檀れいだが、宝塚時代はかなり苦労をしていたようだ。
 宝塚音楽学校での成績は当時最下位。歌も踊りも演技も思うようには伸びず、ファンや仲間内からも辛い扱いを受けていたという。しかし、めげることなく精進を重ね、1999年には月組のトップ娘役、2003年に星組のトップ娘役に選ばれ、中国で公演した際には「楊貴妃の再来だ!」と高い評価を受けるに至った。  2005年の退団後は、山田洋次監督の映画『武士の一分』(2006年)で第30回日本アカデミー優秀主演女優賞と新人俳優賞、第44回ゴールデンアロー賞など数々の賞を受賞するなど、鮮烈な銀幕デビューを飾り、現在も邦画界に欠かせない女優として活躍中だ。

遼河はるひ:宝塚出身女優のホープ、飾らないスタイルでバラエティでも大活躍

 最後に紹介するのは、近年バラエティ番組にひっぱりだこな一方で、連続ドラマの初主演を飾るなど勢いに乗っている遼河はるひだ。173cmというかなりの高身長と抜群のスタイルを誇るものの、バラエティ番組などで見せる気取らない性格とのギャップが人気を博している。
ryougaharuhi

宝塚出身ながら、バラエティでは“いじられキャラ”としても活躍。その人懐っこさが人気の秘訣だ(画像は本人公式ブログより)

 宝塚史上でも類を見ない高倍率だった1994年に宝塚音楽学校に入学を果たし、2002年の『鳳凰伝』にて初主演。2009年に退団し、2013年にはお笑いコンビの「おぎやはぎ」も所属するプロダクション人力舎に移籍。彼らの番組『天才!!カンパニー』(日本テレビ系)で準レギュラーを務めるなど、テレビを主戦場としつつも、2018年の『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)などで女優としても活躍している。一方で料理も得意なようで、2016年にはレシピ本の出版実績もあるのだ。  ――凛々しさと華やかさの両方を併せ持つ宝塚出身女優たち。ビシッと襟を正したかのような、彼女たちのマネのできない“凛とした輝き”は、退団後もさまざまな分野で我々を魅了している。今後も彼女たちの活躍から目が離せない。<文/A4studio>
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事