ライフ

モンスターママが公園でのボール遊び禁止を提案…呆れた主張とは?

 自分の意見を決して曲げず、強引なまでに押し通そうとするモンスターペアレンツ。協調性に欠ける行動や言動も珍しくなく、近隣住民との間に軋轢を生むことだって日常茶飯事だ。

管理組合の会合で全室禁煙を提案!

禁煙マーク

写真はイメージです(以下同じ)

「2年前にウチのマンションに引っ越してきた3人家族なんですが、問題の人物はそこの母親。住民が参加する管理組合の会合でいきなり全室禁煙を提案したんです」  そう語るのは、埼玉県内のマンションに暮らす会社員の徳山博亮さん(仮名・39歳)。約70世帯が入居する分譲マンションで、彼は管理組合の役員を務めている。  共有スペースは以前から禁煙になっていたが、この女性は「ほかの部屋のタバコの臭いが部屋に入ってくる! 子供の健康に悪影響を及ぼす!」と訴えたという。 「ベランダでの喫煙も5年前から禁止になりましたし、ほかの入居者からは臭いに関する苦情はありませんでした。第一、彼女の家は角部屋です。上の階と下の階の方は、『タバコの臭いなんてしないよ』と言っていたんですけどね」 モンスターペアレンツ ただし、本当に臭いがするなら問題なので臭気測定器を使って検査することを提案したそうだが、彼女は「家に他人を入れたくない」と拒否。これには徳山さんをはじめ、会合に参加する住民たちも呆れてしまったとか。 「それ以前に全室禁煙なんて管理組合で決める権限はありませんし、そんな提案をされても住民の合意を得るのはまず不可能です。彼女はヒステリックに同じ主張を繰り返していたので嫌煙家なんだと思いましたが、そもそも彼女の一家は分譲で入居した大半の住民とは違い、賃貸でした。  そのことを知っていた方が『アンタんところは賃貸なんだから気に入らなきゃ引っ越せばいいだろ!』と一喝。この発言にも問題はあるでしょうけど、彼女を黙らせることもできたので心の中でナイス!と拍手を送ってましたよ(笑)」
次のページ 
公園でのボール遊び全面禁止の提案は逆恨みが原因?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事