エンタメ

天海祐希のカッコよすぎる人生哲学。もはや国民的アネゴ!?

仕事への哲学:悔しさをバネに次へ向かう

 テレビ番組やインタビューのなかで独自の哲学を語り、注目を集めることも多い天海。例えば、仕事においては、悔しさが原動力になっていると語っている。 『アマルフィ 女神の報酬』公開時、シネマトゥデイに掲載されたインタビューよれば、天海の次の仕事へと向かうモチベーションは、自身の仕事への後悔とのこと。そして、そうした悔しさがあるからこそ、人間は成長するのだとも付け加えている。  また、『最高の人生の見つけ方』公開時、AERA dot.に掲載されたムロツヨシとのインタビューでは、幼稚園の頃の役者に憧れた自分と、20歳の頃の新人公演で主演に抜擢され、必死に頑張っていた自分が、挫けそうになった時の支えになっていたとも話している。自分自身と向き合い続けるストイックさもまた、天海の魅力と言えるだろう。

恋愛観:結婚に興味なし! 生涯独身宣言

 女性だけではなく、男性からの人気も高い天海だが、記者会見などで投げかけられる恋愛や結婚に関する質問には、「興味がない」といった回答をすることも多い。  恋愛や結婚の願望はおろか、好きな男性のタイプについても、「もうわからない」と答えたこともある天海。2018年に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、理想の男性として、人ではなく上野の西郷隆盛像を挙げたほどで、プライベートな時間に他人が入ってくることへの拒否感も明かしている。
結婚しない

結婚しない女性たちの人生を描いたドラマ『結婚しない』(フジテレビ系)に出演していた天海。実生活でも、“結婚しない”のだろうか。(画像は『結婚しない プレミアムDVD-BOX』ハピネットピクチャーズより)

気遣いの人:共演者やファンを魅了するアネゴっぷり

 共演者やスタッフから、そのアネゴ肌な性格がたびたび語られることがある天海。2019年にサードシーズンが放送されたドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の現場では、セカンドシーズンまで出演していた故・大杉漣の好物であった甘味を頻繁に差し入れ、撮影チームの団結に貢献したという。  また天海は、仕事の仲間だけでなく、ファンに対して気遣いを見せたことも。『最高の人生の見つけ方』の試写会イベントの質問コーナーでは、自身のファンであるということを感極まりながら話した女性に向けて、「私を応援する気持ちと同じくらい、自分を応援してください」とエール。そして最後には「泣かない」と天海らしい一言で締めた。このコメントは、会場の観客だけでなく、メディアを通じて多くの人の心を動かしたようだ。
――高い演技力だけではなく、一本筋が通った言動でも人々を惹きつけ続けている天海。精力的に活動を続ける彼女の今後が、楽しみでならない。<文/佐久間翔大(A4studio)>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠