ライフ

クリスマス当日にデートをドタキャン…仕方なかった理由とは?

 飲食業界や小売業界にとっては、12月は売り上げアップが期待できる大きな稼ぎ時。それは経営者としては喜ばしいことだが、アルバイトにとっては普段より忙しく、休みが取りづらい時期でもある。
悲惨な冬の思い出②(本人)

三枝さん

 空調機器メーカー社員の三枝英樹さん(仮名・35歳)は、かつてコンビニのアルバイト店員として勤務。だが、クリスマス・イブの日、バイト先の同僚のせいでとんでもない目に遭ったという。

12月24日に急きょ夜勤をするハメに……

「その日は夕方6時から夜10時までの勤務だったんです。でも、仕事が終わる1時間ほど前、その日夜勤だった大学生のバイトから店に電話がかかってきたんです。それも『ゴメン、今日行けなくなった』とだけ一方的に伝えてガチャ切り。すでに帰宅していた店長とオーナーに慌てて連絡しましたが、クリスマスということもあって2人とも家族とお酒を飲んでいたらしく、お店に出られる状態ではありませんでした」  その日、出勤予定のなかったバイトたちにも連絡したそうだが、全員に断られてしまう。同じ時間帯に働いていたのは女性のアルバイトだったため、三枝さんが残らざるを得なかった。
クリスマスイブ

写真はイメージ(以下同じ)

 しかし、彼も本当はバイトが終わった後に予定が入っていたのだ。 「近くの駅で彼女と待ち合わせをしていて、私のアパートで一緒に過ごす予定だったんです。すでに何度も泊まりに来ていたけど、自分にとって初めての彼女で、初めて女のコと一緒にクリスマスを過ごせるとバイト中も楽しみにしていたのに……。一気に地獄へ突き落された気分でした」  彼女にはメールで事情を説明。結果的にドタキャンになってしまったことを謝ったそうだが、《楽しみにしていたのに……》と返信があったきり。夜勤明けの翌日、何度も電話やメールをしたそうだが無視され、ようやく連絡が取れたのは3日後。謝り倒してなんとか許してもらい、初詣は一緒に行ったがそうだが、それから半月と経たないうちに「好きな人ができたから別れてほしい」と突然告げられたそうだ。 「考え直してほしい、もう1回チャンスをくれないか、といった内容のメールを何度も送りましたが、『もう連絡してこないで』と返信が来て玉砕。初めての彼女でしたから未練ありまくりで、しばらく立ち直ることができませんでした」
次のページ 
バイトの直前欠勤はよくあること?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事