ライフ

嫁姑を連れた家族旅行はかくも地獄、非難の矛先は夫に集中して…

 足腰の弱ってきた高齢者や、幼子を連れた旅行の交通手段に重宝するのが車での移動。猛暑を避け、秋冬にドライブ旅行をする家庭は多いことだろう。
行楽地イメージ

写真はイメージです(以下同じ)

 そんな中、実母の喜寿の誕生日祝いを兼ねて、冬の箱根にドライブ旅行に出かけたのが不運だったというのは金森哲夫さん(仮名・38歳)だ。

「ライブに行きたい」というバンギャの嫁を、旅行に同行するよう説得

「母は12月生まれ。いつもは実家近くのファミレスや回転寿司店で、簡単に祝っておしまいにしていたのですが、母の年齢を考えたら一緒に旅行に出られるのも今のうちかと思い、箱根に家族で行こうと決めたんです」  日ごろの育児を労うつもりで、母以外にも、奥さん、5歳の娘も同行する三世代の旅行を企画した金森さん。しかし、旅行を告げると思いもよらぬ事実が発覚した。 「宿代を節約するために、会社の保養施設に申し込んだんです。箱根は人気なので、当選した時はリーズナブルな値段で高級宿に泊まれることになって喜びました。ところが、バンギャの嫁が、僕に内緒で取っていたライブのチケットがよりにもよって、家族旅行の日とバッティングしていたんです」 ケンカイメージ 奥さんは日ごろから金森さんの母と折り合いが悪く、法事の際や年始の挨拶しか実家に行かなかったという。それもあってか、旅行が決まってからは毎日のように奥さんと「チケットを誰かに譲れ」「いやだ」と攻防になったそう。 「『ライブはまた観れるだろう』と僕が言うと、『再結成したバンドだから、またいつ活動停止するかわからない』と譲らないんです。僕が『高値で売れるのなら、転売サイトで売っちゃえ』と言って、身分証明などを送ってチケット販売サイトに登録をして、なんとか嫁を説得。チケットは他のファンに譲ることができました」  金森さんが、奥さんを連れていきたかったのには理由があった。 「4人で泊まれる大部屋を予約していたんです。嫁が来てくれないと、1人分の宿泊費を無駄に支払わなくてはいけなくて…。それ以外にも、普段から娘を実家に連れていくと『帰りたい』とぐずりだすんです。嫁なしで娘と1泊2日の旅行だと、どうなるかひやひやで。どうしても来てもらいたかったんです」  脚が悪い母を気づかって、レンタカーを借りて実家に迎えに行った金森さん。久しぶりのせいかぎこちない運転に、初めての長距離ドライブとなる5歳の娘の様子が急変したという。 「年齢的に見てちょっと発育が良かった娘は、借りてきたチャイルドシートをきついといったんです。仕方なしに、嫁のテンピュールのクッションを借りてシートベルトを着けていました。  でもその後、『おなかが痛い』と言い始めたんです。ファミレスで休憩するまで待ってといっていたら、突然、勢いよく吐き出しました。嫁の大事なクッションも汚してしまい、出発から険悪なムードでしたね」
次のページ 
母のおせっかいと、嫁の不機嫌の板挟みに胃痛
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事