仕事

老後資金800万円が消えた55歳…投資話に騙された男の試練

―[50代になる憂鬱]―
 早期退職者募集が1万人を超えるなど、過酷さを増す50代。会社からはお荷物扱いされ、妻からは熟年離婚を切り出され……そんな「50代の試練」に直面する先輩たちから、“憂鬱な50代”にならないための生き方を学び取る!
50代になる憂鬱

紺野慎吾さん(仮名・55歳)

老後不安を解消すべく1800万円出資も、踏み倒されたまま…

 老後資金を増やすべく、マンションを手放してまで、知人の事業に虎の子の1800万円を出資した紺野慎吾さん(仮名・55歳)。投資先は、紺野さんが30代から経営していたサービス業の20年来の常連客で、全幅の信頼を置いていた。 「深夜保育などの事業を手がけていたその人は、取引先での羽振りもよく、経営者として優秀な人物だと思い込んでいました。それに出資先が福祉施設で、国からの助成金を受けていたので、安心して大金を投資したんです」  40代後半に交通事故に遭い、年収が1000万円から400万円に激減していた紺野さんにとって、降って湧いたような投資話。 「確実な賃貸収入よりも『リスクを承知でリターンを取った』と、自信があったのですが……」  しかし、蓋を開けてみれば、事業は不正のオンパレード。カラ請求を繰り返し、嫌気が差した従業員を恫喝するなど、悪質極まりない内情を知ることになる。 「結局、約束していた配当もなく、出資した1800万円も音沙汰なし。しかも、彼が手がけるNPOの帳簿には高級車の購入歴もあり、私利私欲に私の大切な老後資金が消えていたと思うと悔しくて……」
50代になる憂鬱

出資した福祉施設が入るビル

 なんとか1000万円は取り戻すことができたが、残りの800万円は踏み倒されたまま。後悔の涙にくれる紺野さんは、自身の最大の過ちを「知った気になっていたこと」だと振り返る。 「年に数回会うだけの関係で信頼してしまったのが間違いだった。それに不動産投資などの経験があったので、『自分は事業投資でも失敗はしないはず』と思い込んでしまったのが落とし穴。これがきっかけで妻にも愛想を尽かされたら、いよいよ私には何も残らなくなってしまいます」  年収400万円では、これから年金支給までに老後資金を貯め直すことは難しい……。自己責任とはいえ、紺野さんにとって悔やんでも悔やみきれない痛手となった。 <紺野さんの反省点> 根拠のない自信で投資の才能と人を見る才能があると思い込んだ
次のページ 
地道に働き、退職金を減らさないことが最大の老後資金の防衛策
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事