ライフ

帰省ラッシュの悲劇。自由席は人で溢れかえり、大阪のおばちゃん集団に…

 年末は帰省ラッシュの影響で、アクシデントやハプニングに遭遇する人もいる。  人材派遣会社の営業の及川芳光さん(仮名・38歳)もその1人。最悪だった去年の帰省について語ってくれた。

人で溢れかえる自由席、やっと座れたが…

帰省

写真はイメージ(以下同じ)

「年末ギリギリで帰省できることが決まったのですが、飛行機は取れず。仕方なく新幹線を使うことにしたのですが、指定席はとっくに売り切れで、自由席はめちゃ込み状態。僕が乗った車両の通路には立っている人で溢れかえっていましたね。東京駅から出発し、新大阪でようやく座れたんです」  ところがそこは4人がけのBOX席。3人の関西弁のうるさいおばさんたちに挟まれることになったとか。そのため眠ることもできなかったという。 「会社やクライアントの忘年会が連日続き、しかもうちの部署の売上が目標に達せなかったため、仕事納めの前日は部長に呼び出されて、僕と数人の営業マンが遅くまで説教飲み会に参加させられてヘトヘトでした。朝起きて、あたふたと東京駅に行ったという感じで、もう疲労がピークに達していましたから、多少うるさくても眠れると思ったんですけど、おばちゃんたちの笑い声もハンパなく車内に響いていました」 騒音イメージ カバンに耳栓が入っていることを思い出した及川さんは、取り出して耳をふさいでみたが、おばちゃんたちの嬌声は耳栓を突き破るほどだったそうだ。  だが、寝るのを諦めスマホを手に取った時、思わぬ幸運が訪れる。地元福岡の同級生からLINEが届いたというのだ。 「いま実家に帰っとうと?」。懐かしさが広がったという。 「LINEの相手は初恋の博子さんでした。同級生のアイドルで、僕もずっと好きで。舞い上がりましたよ」  おばちゃんたちのやかましい話し声に耐え切れなくなっていたこともあり、及川さんはスマホを握りしめてデッキに向かったと話す。 「『久しぶり』と電話をしました。なんと、彼女はバツイチになっていたんです。僕もバツイチということもあり、彼女にアタックしたくなって。『福岡で会おうよ』と誘ったんですよ。『今夜は無理かもしれないから、明日にでも会えない?』と。必死でしたね」  ところが、及川さんの期待は大きく外れてしまったという。 「その日の夜に、両親がいる宮崎の実家に帰るのだというんです。早いうちに飛行機のチケットをとっていれば博子さんに会えたかもしれなかったのにと、がっくりしました」
次のページ right-delta
デッキから戻ると席がない!
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白