デジタル

『ポケモンGO』は「GOバトルリーグ」実装でeスポーツになれるのか?

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

 1月30日に位置情報ゲーム『ポケモンGO』に、世界中のトレーナーとポケモンバトルができる「GOバトルリーグ」が実装されました。すでにポケモン同士を戦わせる対人戦機能「トレーナーバトル」は2018年12月に導入済みですが、それをさらに拡充・整備した格好です。  今回の「GOバトルリーグ」のスタートによって、レアなポケモンを集めるゲーム性が核だった『ポケモンGO』が、eスポーツに舵を切るのではないかと注目されています。

ポケモンを3匹選んでバトルする対人戦機能「トレーナーバトル」

 1月12日に東京ビッグサイトで開催された大規模なeスポーツイベント「東京eスポーツフェスタ」では、「ポケモンGOゲット&バトルトーナメント」という大会が行われました。そのときは会場近辺で捕まえたポケモンを即席で選び、対人戦「トレーナーバトル」で戦わせるという特別ルールでしたが、決勝戦は大いに盛り上がりを見せました。

「GOバトルリーグ」の開催を告知する公式ニュー

 米調査会社によると、2016年に配信を開始した『ポケモンGO』は2019年に過去最高売上となる8億9400万ドル(約980億円)を記録しています。eスポーツというと格闘ゲームやミリタリー系シューティングが真っ先に浮かびますが、『ポケモンGO』のような一般ユーザーにも浸透しているカジュアルなゲームが進出するのはインパクトの大きいところ。やや閉鎖的なイメージもあるeスポーツの世界を『ポケモンGO』が一気に開くかもしれません。
次のページ
「GOバトルリーグ」はブームになるか!?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事