ライフ

ユニクロのシャツを全部買って比較。春夏に活躍するマストバイ3着は…

 ファッションYoutuberのまとめです。普段はアパレル会社を経営するかたわら、ユーチューブやSNSなどを通じて、ファッションに関する役立つ情報を発信しています。  今回はユニクロのシャツを実際に全種類購入し、その中でオススメの3着を紹介します。ユニクロのシャツといってもかなりの種類があるので、店舗に行っても実際どれを選べばいいのかわからない方も多いかと思います。アパレル業界の人間から見た「本当のオススメ」を紹介しますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。  さて、今回、オススメするシャツはこちらの3点。 ・エクストラファインコットンブロードシャツイージーケアジャージーシャツプレミアムリネンシャツ  結論からいうと「真夏まで着用できるシャツが欲しい方」にはプレミアムリネンシャツ。「ケアが楽なシャツが欲しい方」にはイージーケアジャージーシャツ。そして、「私服できれいめなボタンダウンシャツを着用したい方」にはエクストラファインコットンブロードシャツがオススメです。

「エクストラファインコットンブロードシャツ」は日常着向き

 まずは、エクストラファインコットンブロードシャツから紹介します。  襟先がボタンで留められているデザインのボタンダウンシャツ。スーツスタイルで着用するレギュラーカラーと比較すると、若干カジュアルで日常着寄りのディテールになります。  生地はエクストラファインコットンという非常に高級なコットン素材を使用した「ブロード織り」。シャツの生地には、主に「オックスフォード」と「ブロード」という2種類の織り方があります。  簡単に説明すると肉厚でガシッとしたラフな生地感が「オックスフォード」。生地にツヤがあり滑らかな生地感が「ブロード」です。そんなブロード生地を使用したこちらのシャツ、色によって見映えが異なります。  ユニクロでは定番として発売されているこちらのブロードシャツですが、今期のアップデートポイントとして、洗濯後にシワが残りにくい素材に変更された点があります。以前、ホワイトを購入したのですが、かなりシワが目立ったことを覚えています。  今期のアップデートされたシャツを見てみると、確かにシワ感は和らいだのですが、ホワイトよりネイビーのほうがシワ感がより見えにくくなっています。生地の縫い縮みも少なく、上品な印象を与えてくれるので、選ぶ際はネイビーのほうがよりオススメです。

着用感も見た目も抜群の「イージーケアジャージーシャツ」

 続いて、イージーケアジャージーシャツを紹介します。このシャツは今回、紹介する中で個人的に最もオススメです。  デザインから見ていくと、襟はシンプルなレギュラーカラー。前立てはフレンチフロント。フレンチフロントとは、前端の生地が内側に折返っているデザインのこと。縫い目などがなくシンプルで大人っぽい印象になります。  ボタンも生地と同色で目立たず、ドレスライクなディテール。また、胸ポケットもなく、基本的にデザインを削ぎ落としたミニマルな作りになっているのが特徴です。  生地はストレッチ性の強いジャージー素材で、非常に快適な着用感。普通のシャツ生地と比べると重みがあり、落ち感があるシルエットになっていて、オーバーサイズで着用してもだらしない印象がありません。ジャストサイズよりもサイズをアップして、大きめサイズを選ぶのがオススメです。
次のページ
真夏でも涼しげに着られるシャツ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事