ニュース

コロナパニックの隙を突いて日本の領海内で暴れまわる中国船

その87 中国海警局の船に日本の漁船が追尾された件 中国

そもそも中国は謝罪するような国ではない

 米国のドナルド・トランプ大統領が、新型コロナウイルスによるパンデミックを「米史上最悪の攻撃」と呼び、旧日本軍による1941年の真珠湾(Pearl Harbor)攻撃と2001年9月11日の米同時多発攻撃よりもひどい、と述べたことが報じられています。ジョンズ・ホプキンス大学の新型コロナウイルス感染状況ダッシュボードによると、全世界で感染者は417万8156人、死者は28万6353人です(5月12日現在)。中国武漢から始まったこの新型コロナウイルス禍は「ワクチンや特効薬」ができるまで続くようです。  世界を未曾有の恐怖に陥れた中国発の新型コロナウイルス問題。当の中国は「反省して大人しくしているのか?」というとまったく違うようです。そもそも、中国は世界の混乱に乗じて、その領土・領海を拡大しようと考える国です。いくつか例を挙げます。 ・中国の人民解放軍は、その海軍基地・海南島から太平洋の間にある戦略拠点・東沙諸島での演習を8月に計画。 ・南沙諸島では、4月に中国海警局の船がベトナム漁船に体当たりして沈没させる事件。 ・南沙諸島で新たに行政区を設置すると発表。実効支配強化。  中国は新型コロナウイルス感染により世界各国の軍事力が損なわれていることをチャンスと考え、あからさまな領土拡大の野心を見せつけています。各国が中国に感染拡大の責任を取れと賠償を要求しても、当の中国に謝罪したり反省する様子はありません。それどころか、この隙に勢力の拡大を狙おうという動きが日本の尖閣諸島沖でもありました。

尖閣諸島領海でさらにエスカレーション・ラダーが上がる

 5月12日、衆議院本会議において長尾敬議員が尖閣諸島沖の中国船の動向について重大な発言をしています。中国は日本の領海に対し、さらに強い圧力を加えてきたのです。 「今月8日、中国海警局の船が尖閣諸島周辺の日本領海に侵入、さらには、操業中の日本漁船を追尾した問題に関し、中国外務省の報道官は昨日11日、『日本の漁船は中国の領海で違法に操業していたため海域から出るよう求めた。日本の海上保安庁の違法な妨害にも断固として対応した』などと正当化しました。  尖閣諸島は国際法上も、歴史的にも、我国が実効支配する日本固有の領土であり、その周辺海域が『中国領海である』などという発言は、到底認められるものではありません。中国政府に対し強い憤りをもって、断固抗議いたします。  日本政府には、武漢からウィルスを世界中に撒き散らした責任追及と合わせて、毅然とした態度で、中国の『力による支配』を排除し、尖閣諸島を、日本の主権を、断固守り抜くことを強く求めます」
次のページ
国際法だけでは国は守れない
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事