ライフ

ユニクロ史上最高の大盤振る舞い…「感動ジャケット」がセミオーダーを開始

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第279回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 恐ろしいサービスがスタートしてます。ユニクロの名品「感動ジャケット」のセミオーダーサービスが開始したのです!

▼セミオーダーのイージージャケットが登場!

 リモートワークが主流となっている昨今、ジワリジワリと売り上げを伸ばしているのがこの感動ジャケット。 「カッチリして見えるのに、着心地も快適」というのがこのジャケットの大きな特徴。しかしながら、通常、ストレッチ性や家庭で洗えるイージーケアなどを求めると素材がどうしてもスポーツライクな印象になりがちです。ジャージのようにテカテカした素材感だったりと、フォーマルライクな印象から遠ざかる傾向にありました。  ところが、感動ジャケットは見た目がほぼ完全なウール。パッと見なら化学繊維かどうかも区別できません。「高級スーツ同様の風合いが楽しめるのに機能性や着心地は抜群!」というわけです。  この革命的なジャケット、リモートワーク時代が到来し、再び人気再燃しています。「家にいるからラクな格好がしたい」「でも、Zoom会議などではちゃんとした服装を見せなきゃいけない」という二面性を兼ね備えた感動ジャケット。  無論、こうしたアイテムは他ブランドでもありますが、5990円という破格で実現しているのはユニクロだけ。あまりにも高クオリティ、あまりにも低価格で人気を博しているのですが…さらにリモートワークの追い風に乗って今度は「セミオーダーサービス」を展開してきたものだから驚きです。

▼コスト感、狂ってるんじゃないの!?

 XS~4XLの「基本ボディ」サイズを選んだあと、着丈を2cm刻みの「短め~標準~長め」から選べ、さらに袖丈を同じように「短め~標準~長め」から選べる。既存の感動ジャケットから着丈と袖丈を調整できる「セミオーダー」と言えるのですが……実はこれ「注文を受けてから作るセミオーダー」とは異なり、上述の「基本ボディ」「着丈」「袖丈」のバリエーションから考えられ得る組み合わせ「全135種類」を事前に作ってあるだけのもの。  既存のセミオーダーシステムでは「受注後1か月ほどお時間いただきます」が一般的ですが、この方式ならば他商品と同じようにわずか数日で届くわけ。セミオーダーなのにすぐ届いて、金額も5990円据え置き、いったいどうやって利益をとってるのかもはや謎です。  このアイテム、「サイズ展開が135種類ある」と同義なわけですが、基本的にサイズ展開というのは増えれば増えるほどリスクもコストもかかります。135種類ものサイズ展開を正確に需要予測することはほぼ不可能なので、不良在庫が発生しやすくなる。さらに135種類のサイズを用意するための工場の負荷も当然かかる。既製品と同じ5990円という値段で出せるわけがないのです。間違いなく原価を犠牲にして提供している商品のはず。  私はユニクロの太鼓持ちじゃないし、お金は一銭ももらっていないから褒めちぎる義理などないのですが、このご時世、採算度外視でリモートワークに必要なアイテムをサラッと出しちゃうあたり、ユニクロさん、アンタ漢だよ。  こんなの出されたら、世のイージースーツはお手上げ。どうやって135サイズで5990円で採算出すんだよ。もう想像もできねえよ……。
次のページ
ONでもOFFでも使える最強ジャケット
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事