お金

コロナで余った”全国の名産品”が半額で買える! 人気商品は早い者勝ちに…

―[お笑い節約道場]―
 お笑い芸人、ブルーザーの井上ブルドーザーです。芸歴12年目、まだバイトなどをしながら生活しています。そんなお金がない生活で自然と身についたのが節約&お得術。2018年~2019年の2年間であらゆるポイントを集め、100万円相当のポイントを貯めました。苦しくない節約、誰にでも簡単にできる節約を心掛けています。

コロナの影響で社会問題化する「食品ロス」

 今回、ご紹介するのは食品ロスについてです。売れ残りや期限切れなど、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品が日本で年間600万トンを超えるのだそうです。日本の人口1人当たり、年間で約51㎏もの食品ロスを出しているとのことで、半分以上は食べ残しだということで驚きです。  特に最近は新型コロナウイルスの影響で観光業が大打撃を受けています。その大打撃のうちの一部がお土産屋さん。春休みやゴールデンウイークに合わせて大量にお土産の商品を用意されていたと思います。  しかし、不要不急の外出は控えるようにということで旅行はキャンセルが相次ぎ、その結果、大量にお土産が余ってしまいました。長持ちする食品だったらいいのですが、これだけコロナの影響が長引いてしまっているので賞味期限、消費期限が切れてしまう食品が続出しています。

50~60%OFFの飲食品が多数掲載

 そこで立ち上がったのが「在庫ロス掲示板」というサイトです。コロナの影響で在庫ロスが生じた企業を支援するために立ち上がったもので、投稿する企業は登録料、利用料、手数料など一切かからないという何とも素晴らしいサイトです。

在庫ロス掲示板

 運営の方が投稿を厳しくチェックをしているそうで、明らかにコロナの影響ではないものなど趣旨と合わないものは非公開にされるということで、購入側も安心ですね。  販売されているものはお菓子や食品などさまざまで、50%OFF、60%OFFのものもたくさん掲載されています。しかし、特にお得感があるものはすぐに売り切れてしまうので、そういうものに出会えるのも運が必要かもしれません。  僕はいろいろと悩んだ末、和歌山県の「お土産福袋」を注文してみました。通常価格6000円以上の食品やお菓子がもりだくさんで送料込みの3000円。いい買い物ができました!

和歌山県の名産と名菓がもりだくさん!

御礼状も同封されていて社会貢献を実感

お得な商品は売り切れも早いので要注意

 同じような趣旨のサイトで「ロスゼロ」というものもあります。こちらは生産者、食品製造、加工メーカーから発生している食品ロス予備軍をなくそうと立ち上がったサービスで、コロナ禍の前からありました。食品ロス予備軍が大量に発生している現在、改めて注目を浴びているようです。

ロスゼロ

 こちらのサイトにもお得な商品がたくさん掲載されています。この前、発見した空港の免税店で売っている外国人旅行者向けのお土産のセットが通常1万480円のところ送料込みで3000円というものがありました。  ちょっと悩んで後回しにしていたのですが、「買おう!」と決意した頃にはもう売り切れてしまっていました。後々、冷静に考えてもやっぱりお得な商品だったので悔しい気持ちでいっぱいです。またお得な商品が出てくるのではないかと、今もちょくちょくチェックをしています。

大手ECサイトも「復興福袋」を展開

「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」でもお得な商品を売っています。こちらはサイト内で「復興」と検索していただくといろいろなご当地のお土産がたくさんつまった福袋のような商品が販売されています。「じゃがポックル」や「白い恋人」など北海道の人気商品が入っている商品だったり、1万円以上の商品が入っていて販売価格は5000円の商品だったり、こちらもお得になっています。  まだコロナの影響があり、旅行になかなか行けない状況だと思います。上記のサイトでご当地のお土産や食材を買って少しでも旅行気分を味わうのもいいかもしれませんよ!
―[お笑い節約道場]―
1983年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。お笑いコンビ「ブルーザー」のツッコミ担当。極度の節約好きで、ポイントやキャンペーン情報に精通している。ブログ「井上ブルドーザーの貧乏だけどこれだけ楽しんでますブログ」、ユーチューブ「いの得ちゃんねる」にて日々、お得情報を配信中
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事