ライフ

「買ってはいけない家電」の見分け方。安くてもプロが絶対に買わないのは…

話題のプライベートブランドも買ってはいけない

 あと、私が絶対買わないようにしているものがもう一つあります。それは家電量販店のプライベートブランド(PB)商品。  近年、ビックカメラさんのamadana監修ブランド「TAG Label」や、ヤマダ電機さんの「HERB Relax」、ノジマさんの「ELSONIC」など、多くの家電量販店がPB商品を展開しています。店舗によってはプロモーションに力を入れていたりしますし、何より価格がとても安い。この記事を読まれている方のなかにも購入を検討しているという人も多いかもしれません。 家電屋 しかし、目先の低価格に惹かれて購入するのはあまりオススメできません。確かに価格が安いのは大きな魅力なのですが、一般的なメーカーと比べて、家電量販店のPB商品は故障率が異様に高いのがネックなのです。  電池が液漏れした、バッテリーが発火したという話は実によく耳にします。安物買いの銭失いになってしまっては損なので、電池や電球といった小物ならまだしも、家電はPBの商品ではなく、メーカーのものを選んだほうが堅実です。  今後、PB商品の品質も上がってくることも十分に考えられますし、私も家電量販店のイチ販売員としてはすごく期待はしています。ただし、現時点ではまだ価格に見合ったクオリティとはいえないものがあまりに多い。なので、私を含めて家電販売の現場にいる人間はほとんど手を出していないはずです。関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事