恋愛・結婚

AVでも男性ホルモンは上昇するのか? 医者に聞いてみた※会員限定(無料)

「更年期障害=女性特有」の症状と安易に考えるのは、非常に危険! 男性も発症するうえ、症状に気づきにくいぶん重症化しやすい側面さえある。長引く自粛生活で誰しもストレスを抱えているなか、着実に忍び寄る男性更年期障害の実態とは? 今回は自分でできる更年期障害対策、「女性と接点」について考える。

AVやオンラインを駆使して画面越しでも女性と関わったほうがいい?

マスク 続きを読むには会員登録(無料)orログインをしてください。 ※ログイン後も下記のボタンは表示されます

新規会員登録はこちらから>>>

 男性ホルモンを上昇させる最大の秘訣。それには「女性と接点を増やすこと」が欠かせない。 「『エロに関心が高い人ほど、見た目も気持ちも若い』と言われますが、あれは事実。異性との接点が多いほどに、男性ホルモンは増えます。好きな芸能人を応援したり、キャバクラで疑似恋愛を楽しむのもいい。あと、手っ取り早いのはAVです。リアルな体験でなくとも、興奮できれば男性ホルモンは分泌されますから」(精神科医の和田秀樹氏)

女性メンバーが一人でもいるだけで…

それ、更年期かも?

相手の顔が見えない状況だったとしても、女性の存在が感じられるだけで、ホルモン分泌は見込める。さぁ、狩りに出かけよう!

 また、医師でメンズヘルス専門家の平澤精一氏も女性と何かしら共同作業することも、男性ホルモンの分泌には一役買うと指摘。 「女性の前で男性は見えを張りたくなるもの。実験でも、ファミリーカーよりスポーツカーに乗るグループのほうが男性ホルモンは高いという結果が出たように、見えは大切な要因です。仮にオンラインゲームなどでも、女性メンバーが一人でもいるならば、ホルモン分泌に効果はあると思います」  画面越しでもいいので、女性と関わることを、ぜひ日課にしたい。
更年期

平澤精一氏

【メンズヘルス専門家・平澤精一氏】 東新宿のマイシティクリニック院長。早期から男性更年期障害の治療に取り組んできた。保険診療による治療から予防医学まで、常に患者本位の医療を心がけている
更年期

和田秀樹氏

【精神科医・和田秀樹氏】 現在は、アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化した和田秀樹こころと体のクリニックの院長を務める。専門は老年精神医学、精神分析学、集団精神療法学 <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事