お金

資産2億円男の節約術。ムダづかいしがちな8項目「大画面テレビは非生産的」

お金がぜんぜん貯まらない人の特徴

通帳

※写真はイメージです(以下同)

 今月もギリギリか……。通帳の残高とにらめっこしながらため息を漏らす。昨年から続くコロナ禍の影響で経費やボーナスはカットされ、収入は目減りしていく一方という人も多いかもしれない。収支のバランスを整え、貯金を増やしたいと考えたとき、まず思いつくのが「節約」ではないだろうか。とはいえ、いったい何から手をつけたらいいのかわからない。  お金持ちになるための第一歩として節約の重要性を説くのは投資家・生活コスト削減コンサルタントとして活動する生方正氏。高校卒業後、海上自衛隊に入隊。勤務のかたわら、投資と節約で2億円の資産を築き、46歳でアーリーリタイアを果たした。  ここでは、新刊『「金持ち脳」になって自由な人生を手に入れる 攻めの節約』(WAVE出版)から一部を抜粋して紹介。じつは、お金が貯まらない人の行動パターンには特徴があるという。 【参考記事】⇒資産2億円の高卒・元自衛官が教えるお金が貯まらない本当の理由

「悪い習慣」という金食い虫を退治する

 お金が貯まる人は、不要なものやサービスには支出しません。逆に、お金が貯まらない人は、たびたびムダな買い物をしてお金を失います。もちろん、支払うときにはムダな出費とは思っていませんが、結局、使わなければ部屋を占領して掃除や片づけを妨げるジャマものになります。 「なぜお金が貯まらないのだろう?」と感じている方は、定期的に不要な支出がないか次の8項目を振り返ってみましょう。いくつ当てはまりますか?
次のページ
ムダづかいのチェック項目
1
2
3
「金持ち脳」になって自由な人生を手に入れる 攻めの節約

不動産投資で2億円以上の資産を貯めて、自衛隊を40代でアーリーリタイアした著者が教える、お金を貯める(増やす)ための「節約の極意」。著者が自衛官時代から億万長者になった今でも続けている、「正しい(お金持ちになるための)節約術」「人生を変えるための攻めの節約術」をできるかぎり、具体的かつ詳細に紹介する。
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事