恋愛・結婚

脱衣所で脱ぎ捨てたTシャツの脇に…トラウマになった夏の失恋

 夏は恋の季節と言われることもあるが、じつは苦手だという女性も少なくない。せっかくキレイに化粧をしても、暑さでファンデーションがよれたり、アイラインがにじんだりするからだ。髪型も湿気や汗でくずれてしまいがち。
女性

※写真はイメージです。以下同(Photo by photolibrary)

「夏がとにかく大嫌いです」と話してくれたハナさん(29歳・仮名)は、ある失恋のトラウマからこの時季は引きこもってばかりだという。

初めての彼氏が超潔癖で…

「私、とにかく汗っかきなんです。それが恥ずかしくて恥ずかしくて。今の彼氏は、とにかく年中引きこもりのゲーマーなんですが、彼の好きなところはそこ! 夏だからってバーベキューやプール、海に行こう! っていうタイプは苦手です。絶対に付き合いたくない」  筆者のまわりをみても「自分は汗っかきだ」と感じている女性は多い。だが、実際は自分が思っているよりも“そこまでではない”人がほとんどだ。そんななか、ハナさんは強い口調で「私の場合は本当にひどいんです!」と言う。 「大学生になって初めての彼氏ができたんです。付き合ったのが6月ぐらいだったのですが、夏になってデートの待ち合わせ場所で、私を見るやいなや『ちょ、おまえ、そんな汗っかきなの?(笑)』って。  それからデートのたびにいじられて。汗拭きシートでこまめに拭き取ったり、汗を吸収するシートを貼ったりしたんです」

脱衣所で脱ぎ捨てたTシャツの脇に…

 様々な手法で汗を抑える努力をしていたが、それが裏目にも出てしまい、別れに至ってしまったという。 「彼の家に泊まったときにシャワーを浴びたんです。脱衣所に服を置いていたんですが、歯ブラシを取りに来た彼が、私の脱ぎ捨てた服を見て、すごく萎えてしまったらしくて……。それが原因でフラれました」  ハナさんの着ていたTシャツの脇には、汗を吸収するシートが貼ってあったそうだ。
次のページ
お互いにストレスだった
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事