エンタメ

YouTube開設の「のん」に聞く、やりたいことを貫き通すコツ

 女優業にとどまらず、自ら音楽レーベルKAIWA(RE)CORDを立ち上げたり、絵を描いたり、さらには初の劇場用長編でメガホンを取った映画『Ribbon』の公開も控えるなど、精力的に活動を続けるのん
のん

新たにYouTubeチャンネル『のんやろが!ちゃんねる』を立ち上げたのん

 彼女が参加する新プロジェクト『越境放送』が始動した。これは、YouTube、テレビ番組、屋外ビジョンの3つのプラットフォームが、それぞれの垣根を越えて連携する超実験放送プロジェクト。10月1日からは、新ドキュメントバラエティ番組『越境放送バリ』(読売テレビ)もスタートしている。  プロジェクトに関連して、新たにYouTubeチャンネル『のんやろが!ちゃんねる』を立ち上げたのん。「素ののんを発信したい!」と意気込むのんに、その意図や、チャレンジを続ける行動力の秘密を聞いた。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

YouTubeで素の自分を見てほしい

のん——これまでもYouTube『のん OFFICIAL』などでの発信はありましたが、「素ののんを発信したい!」とコメントされている『のんやろが!ちゃんねる』が新たにスタートしました。YouTubeならではの可能性をどう感じていますか? のん:YouTubeは個人でもできるところが素敵だなと思います。全部おひとりでやられている方もいるし、すごくカッコいいなと思っています。今回の企画の場合は、読売テレビの『越境放送バリ』を基に、YouTubeに挑戦していくという枠組みで、越境して3方向から発信していく新たな挑戦なので、すごくワクワクしています。  配信系の企画では「のんおうちで観るライブ」という生配信の音楽ライブを、ギタリストのひぐちけいさんと一緒に、チケットを買ってくださるファンの方のためにやっています。そこでは、私が自然に喋っているところも見せてきました。今回のYouTubeでは、よりオープンな場で、多くの人に「素ののん」を見ていただけると思っています

「のんってこういう脳みそしてるんだ」とさらけ出したい

のん——今はやる気満々ですか? のん:そうですね。やる気満々です(笑)。役者のお仕事だけをやっていたときは、自分自身の気持ちを伝えるのではなく、「作品に共感して欲しい」「私自身ではなく演じている役を見て欲しい」という思いでした。今は自分が作り手にもなっています。絵を描いたり、音楽をやったり、映画を作ることにも挑戦させていただいています。  自分の作ったもので何かを感じてもらう機会が増えたからには、自分の考えも発信していかないといけないなって。役者からスタートしているので、どうしても「なぜその人が作り手になったの?」とハテナに感じている人もいるはずですよね。「なんで絵を描くの? 音楽やるの? 映画を作ったの?」と。作り手から始まっている人よりも、そういう疑問が沸くと思うんです。  なので、(のんが)どういう人となりをしているのか、この人はこういう感じの人で、モノづくりをしていきたい人なんだなというのを伝えたい。そうすれば、もっと自分の、のんになってからの活動に共感してもらえるのかなと思いました。 ——「素ののん」さんをというのも、ただ単にラフという意味に加えて、作り手でもある自分として「こういう人です」と伝えていきたいと。 のん:「のんってこういう脳みそしてるんだ」みたいにさらけ出せればいいなと思っています。
次のページ
色んなことを諦めないできているわけじゃない
1
2
3

●YouTubeチャンネル 『のんやろが!ちゃんねる
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事