ニュース

予測通り発生し、予測を超える規模となるオミクロン株の第6波

世界で猛威を振るうο(オミクロン)株Surge

コロナウイルス

写真はイメージです

 2021年11月24日に配信した拙稿「コロナ第6波はすでに始まっていた!統計から導かれる事実 | 日刊SPA!」および11/15放送の文化放送、大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインディッシュ」にて、筆者は「極大期がδ株の再燃であるか、新たな変異株によるものかは執筆時点でデータが無く不明であるが、既に本邦ではδ株Surgeの再燃によって第6波エピデミックSurge(うねり、波)が始まっており、その極大期は1月下旬から2月である。但し、極大期の規模は分からない。ワクチン接種率と接種後の経過時間を考えると恐らくδ株Surge程にはならないのではないか。」と本邦における第6波エピデミックSurgeを予測しました。  その後、11月中には一旦第6波エピデミックSurgeの拡大が鈍りましたが、11月末から再度拡大に転じ、12月には全国で第6波エピデミックSurgeの拡大が特に人口の多い都道府県で見え始めました。  この時点では、主たる地位を占める(ドミナント)株は、統計の挙動からδ株またはその変異株であったと考えられます。  奇しくも拙稿の発表日である11/24に、南アフリカ共和国(南ア)から、極めて憂慮すべき新たな変異株の発見が報告され、世界保険機関(WHO)は、直ちに緊急会合を開き、この新たな変異株をο株(オミクロン株)と命名、懸念すべき変異株(VOC)としました。このときは、BBCワールドニュースで連日午前1時からWHOによる記者会見が同時通訳付きで放送され、事態が極めて憂慮されるものであることが実感出来ました。 2021年10月頃から、北半球の多くの国では、δ株*による夏の再燃という形で季節性のエピデミックSurgeが発生していましたがο株は、侵入から数週間程度でδ株を駆逐してドミナントとなり強烈なエピデミックSurgeを発生させています。これは本邦も同じです。 <*本稿ではAY.29などのδ株系変異株もδ株と表する>  ο株は、第一世代COVID-19ワクチンとモノクローナル抗体治療薬を回避する進化を遂げており、一部の抗原検査試薬・キットも回避するために特にワクチン偏重政策(ワクチン一本足打法)を採用してきた国々では防疫の根本からちゃぶ台返しされた形となり、CNNやBBCでは「帰ってきたCOVID」と報じられる有り様でした。帰ってくるのはウイルスでなく赤いストライプが入った白銀の巨人であってほしいものです。街中で暴れられるのはどちらも困りますが。  11月中旬時点での筆者の予測はほぼ的中していますが、残念ながら、筆者の予測を遙かに上回る威力のο株の発生によって第6波の社会的影響と脅威度は、第5波を遙かに上回るものとなります。

世界の統計でο株Surgeをみる

 ο株Surgeは、これまでのパンデミックと異なり、非常に特異的です。それは、拡大速度が立ち上がりでδ株の10倍ときわめて速く、南アを見る限り収束区間も含めてδ株の2〜3倍と早く変化することと極大値がδ株Surgeを上回ることです。  昨秋には、さすがにδ株を上回る感染性の強い株はもう現れないだろうと言われていただけにウイルスの進化は、人間の都合など関係ないことを思い知らされることとなりました。δ株は、水疱瘡と同程度の感染力とされていますが、ο株は麻疹を上回る感染力とされ、最強の感染力を示すとされています。
フランス、英国、合衆国、南ア、日本、インドネシアにおける百万人あたり日毎新規感染者数 (ppm 7日移動平均 片対数)2021/1/1〜2022/1/10

フランス、英国、合衆国、南ア、日本、インドネシアにおける百万人あたり日毎新規感染者数 (ppm 7日移動平均 片対数)2021/1/1〜2022/1/10
OWID

フランス、英国、合衆国、南ア、日本、インドネシアにおける百万人あたり日毎新規感染者数(ppm 7日移動平均 片対数)2021/11/1〜2022/1/10

フランス、英国、合衆国、南ア、日本、インドネシアにおける百万人あたり日毎新規感染者数(ppm 7日移動平均 片対数)2021/11/1〜2022/1/10
OWID

 7日移動平均の片対数表示でフランス、英国、合衆国、南ア、日本、インドネシアにおける百万人あたり日毎新規感染者数をグラフ化すると、南アで11/16から突然新規感染者数が大きく増加に転じており、ちょうど1カ月後の12/16〜18にかけて極大値(7日移動平均で390ppm、Raw DATAで12/12に630ppm)となって減衰していることが分かります。  南アでは、δ株Surgeでは330ppm(ピーピーエム;百万分の一)が7日移動平均での極大値でしたので、ο株Surgeはδ株Surgeを上回っています。米英欧では、α株やδ株Surgeの10倍前後の極大値になりそうです。  また南アにおいてδ株Surgeが始まって極大値になるに要した期間は、4/9〜6/8でちょうど2ヶ月間です。対してο株Surgeは、半分の期間で極大に達したことになります。  12月にδ株Surgeからο株Surgeへドミナントが移行した多くの国では、ο株Surgeの立ち上がりと極大の期間を評価することがやや難しいのですが、英国でもほぼ1カ月でο株Surgeが立ち上がりから極大に達したとみられます。  合衆国でもニューヨーク州やコロンビア特別区(ワシントンD.C.)を筆頭に東海岸では1/9以降に極大に達した可能性が高く、やはり立ち上がりから1カ月程度でο株Surgeは、極大に達したものと考えられます。  従って本邦では、合衆国同様に地域差が大きいのですが、例えば沖縄県では統計上ο株Surgeが始まったのがクリスマス前の12/20頃と評価出来ますので早ければ1/20頃までには極大に達すると考えられます。  その他の地域も1月下旬から2月上旬にかけて順次極大に達し、減衰してゆくと考えられます。日毎新規感染者数の極大値は、地域性が強く表れ、δ株Surgeに比して数割増から10倍程度になると考えられます。  なお、まだ基礎的なデータが十分に揃っていませんのであくまで南ア、米英欧の先行例からの予測となります。
次のページ
「オミクロン株は重症化しない、死なない」は本当か?
1
2
3
誰が日本のコロナ禍を悪化させたのか?

急速な感染拡大。医療崩壊。
科学者視点で徹底検証!

テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠