お金

手取り年収300万円台の49歳女性が、資産運用開始から7ヶ月でFIREできた理由

 株式会社バイアンドホールド 代表取締役社長の山口貴大と申します。YouTubeやSNSでは「ライオン兄さん」名義でお金にまつわる情報を発信しておりますので、すでに私のことをご存知の方は、そちらのほうが馴染みがあるかもしれません。
ライオン兄さん

株式会社バイアンドホールド代表取締役の“ライオン兄さん”こと山口貴大氏

 私は現在、「Financial Free College」(FFC)という金融と起業の総合マネースクールを経営しております。受講生の中で手取り年収300万円台のBさん(49歳・女性・独身)が、FFC入会から7ヶ月でFIREを達成しました。  安定した収入を得るために会社で働く多くの人が、一方では“いつまでこんなに忙しい日々を続けるのだろう?”という葛藤を抱えているかもしれません。Bさんもそんなひとりでした。    今回は、そこから抜け出したBさんの例を紹介します。

お金はあっても消えない不安「いつまでこんなに忙しい日々を続けるのだろう?」

打ち合わせをする手元

※写真はイメージです。以下同(Photo by Adobe Stock)

 Bさんは手取り年収300万円台ということでしたが、じつはそれ以前は年収が高く、25年間勤めた会社では年収800万円台にものぼります。  彼女はコールセンターで働いていましたが、仕事の内容や労働時間はハードなものでした。「生活に必要なお金には苦労しなかった」と言いますが、前述のように“いつまでこんなに忙しい日々を続けるのだろう?”という不安を抱えていたそうです。 「年収700万円を境に所得税率が上がることに気付きました。こんなにガムシャラに働いて税負担が重いのではもったいない。あまりに効率が悪いので、25年間勤めた会社はスッパリ辞めて、マイペースに働くことに切り替えようと思いました。転職後の仕事も同じ職種ですが、新しい職場を選んだ基準は『家から近い』『残業がない』など自分にとって楽に働けることです」(Bさん、以下同)

資産運用の知識が無く、よく分からないままに…

 転職後、年収は下がったものの、もともと贅沢をしないBさんは固定費を抑えていたので、お金には余裕があったそうです。とはいえ、資産運用の知識が無く、よく分からないままに外貨建ての保険、勤務先の持株会、ウェルスナビなどに分散しながら毎月積み立てをしていました。それらの積み立てをしていたにもかかわらず、毎月12万円も貯金していたことには驚きました。  節制した生活のおかげで、40代ですでに金融資産が数千万円に。資産運用が上手くいけばFIREを達成できるくらいの額になっていたそうです。しかし、自分の金融資産は含み益が出ているものの、現金比率が高く、運用益だけではとても生計が立てられないと気付いたそうです。  40代でリタイアする会社員は、日本では一般的ではありません。それでも資産運用に興味があったBさんはFIREへの憧れがあったそうです。FIREを現実のものにするためには、“リスク資産にまとまった金額を投資する必要がある!”と考えたBさんは、インターネットで資産運用のスクールを探し始めます。
次のページ
資産を増やしたいのか、FIREを達成したいのか…
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ