ニュース

女子大生 ソーシャル就活でホテルに誘われた!

今年はソーシャルネットワークを使った就職活動、略して“ソー活”元年と位置づけられている。これに合わせて、学生側も企業側もフェイスブックなどの活用を開始し、より相互が繋がりやすくなったというのだが……。

被害報告1:【ソー活の先に見つけたのはエロ社会人の姿】

女子大生

※画像はイメージです

 都内在住の大学3年生のA美さん(21歳)は、就活のためにツイッターのアカウントを取得。スマートフォンで「ついっぷる」というアプリをダウンロードし、ソー活に力を入れ始めた。

「キーワード検索で、志望する企業で働いている同大学同学科の3コ上の先輩をすぐに発見! ダイレクトメールでOB訪問したいと告げると、承諾されました。赤坂のタリーズで会い、いろいろな話を聞かせてくれて。ソー活を始めてよかった、って思いましたね」

 しかし、後日、意味深なメールが彼女のツイッターに届いた。

「『先輩としてもっと伝えたいことがある』と言うので、歌舞伎町の居酒屋で会いました。すると『彼氏いる?』と聞いてくるだけで、会社の話はなし。帰ろうとしたら、『まだ電車がある』と言ってそのまま薄暗いワインバーに。隣同士の席に座ると、耳元で『ホテル行こう』と囁いてきたんです。伝えたいことって、それ!?」

― ソーシャル就活のセクハラ事件簿【1】 ―




おすすめ記事