ニュース

ソー活セクハラ被害 地方の女子はさらに悲惨

今年はソーシャルネットワークを使った就職活動、略して“ソー活”元年と位置づけられている。これに合わせて、学生側も企業側もフェイスブックなどの活用を開始し、より相互が繋がりやすくなったというのだが……。

そんなSNSを利用した女子大生の就職活動を悪用し、デートを強要するわヤリ逃げするわ……。呆れた輩の手口を暴く!

被害報告3:【SNSのお陰で知り合えたものの逆に不幸に……】

地方女子

※画像はイメージです

 地方在住の学生だと、さらに悲惨なことも。福岡県在住のS子さん(21歳)が象徴的だ。

「私が行きたいWeb系の会社は東京にしかない。でも繋がりがないからFBが頼みの綱。企業のFB採用ページから、コネをつくろうと思いメールすると、人事担当者(30代)と1対1でランチできることになったんです」

 上京し、話を聞けて喜んだS子さんに、その人から「業界の深い話を教える」とフォローが。

「でもプライベートばかり聞かれ……。うんざりして誘いを断ると、『ほかの就活生も交えて、内定者の傾向について話そう』と言う。次こそはと思って行ったら、『ほかの就活生が来られなくなった』と言い出す始末。結局2人で飲みに行くことになった。飛行機代までかけて、わざわざ来たのに、ウソをつかれたんです!」

 時間とお金を奪われ、モチベーションも下がり、その企業にはエントリーすらしなかったという。

― ソーシャル就活のセクハラ事件簿【3】 ―




おすすめ記事