ライフ

個人居酒屋を悩ませる“メーワクな常連客”の実態。「通い始めて1年くらいが要注意」――2023年大反響トップ10

盛られたお皿の料理を勝手に食べちゃうおじさん

「ウチは大皿におばんざい(※惣菜)を盛ってカウンターに置いておくスタイルの小料理屋なんですが、そのおばんざいを勝手に食べちゃう人ってけっこういるんです。『ちょっと味見していいかな』って、直箸で取ろうとするんです。そんなのダメに決まってるじゃないですか。回転寿司で回ってくるお寿司を勝手に食べちゃってる若いコが問題になってますが、ウチで問題になってるのは盛られたお皿の料理を勝手に食べちゃうおじさんです(苦笑)。」  苦笑交じりに話すのは、横浜で小料理屋を経営する石井聡子(仮名)さんだ。石井さんのお店は小料理屋ということもあって、常連客の大半は40代後半以上のおじさん客が中心だ。 「本人はバレてないと思ってるんでしょうけど、カウンター越しに見てると『あれ? 里芋の煮物、さっきはお皿に1つしかなかったのに、2つになってる』とか、大皿に盛った料理が微妙に変わっているってわかっちゃうんですよね」

初老の男性客が大皿料理に口を付けてペロリ

 そんな石井さんが思わず叫び声を上げてしまったエピソードの話をしてくれた。 「ここ一年くらいよく来てくれてた初老の方なんですが、酔うと羽目を外すんでちょっと気をつけなきゃなって。ある日、お皿に載せた魚の煮付けが今日はおいしいですよ〜って話したら、『これは旨そうだね〜』って大皿を持って口に付けて煮付けのおつゆを飲んじゃったんです。私、もうビックリしちゃってキャー!って叫んじゃったんです(笑)」  店にいた他の客たちも石井さんに加勢して、その男性は責め立てられると、何と逆ギレし始めたというから驚きである。 「私だけじゃなくて、他のお客さんたちから『何やってんだ!』って責められたら、急に開き直って『冗談だよ』とか『皿に載ってる分、全部払えばいいんだろ?』って。もう二度と来ないでくださいって追い出したんですが、3日後にまた来たんです。平気な顔して『こないだは騒がしちゃったから、今日はママに奢るよ』なんて、言うもんですから『座らないで出てって、二度と来ないで!』って大声出しちゃいましたよ」
次のページ
迷惑客になってしまう人の特徴
1
2
3
おすすめ記事